アーカイブ: 文芸

文芸

【僕らはみんなヤッている】メンズエステ嬢・愛 後編

「あぁ、君、うまい」 店長の褒め方は、まるで自分がテクニシャンになったかのようで、とても嬉しかった。店長はベッドに座り、鏡の前に愛を立たせた。 「脱いでくれるかな、背中を見せて」 愛はファスナーを下ろ…
続きを読む
文芸

【僕らはみんなヤッている】メンズエステ嬢・愛 前編

男は金、女は顔だ。 幼い頃から自信が無かった。日によって気分の浮き沈みが激しく、調子のいい時は周囲の人たちと話せたけれど、自信のない日は人と関わることができず、うつむいて、喋れなくなった。かたやクラス…
続きを読む
文芸

【僕らはみんなヤッている】ヤリチン純情物語 後編

神田が向かったのは元彼女の家。女は異業種交流会だかで会った女で、顔も体もそこそこだが、とにかくテンションも股もゆるい。別れた今も、こうして自分を迎えてくれる。 「久しぶり~急にどうしたの~」 胸元がユ…
続きを読む
文芸

【僕らはみんなヤッている】ヤリチン純情物語 前編

神田は、東京で働くサラリーマン。役職はまだない。同期たちは辞めたり、もっともっと出世したりと様々だったが、今の自分の立場に不満はない。 ヒョロガリ体型と持ち前の根暗な性格が功を奏し、「スタイルの良いニ…
続きを読む
文芸

【僕らはみんなヤッている】セックス遠征 後編

キス止まりだった、バツ2の神田とまなみ。神田の出張先のホテルに入った二人は、ぎこちなく様子を伺う。 神田はシャワーを浴び終え、髪を乾かし、ボクサーパンツを履くと、「じゃ、寝よっかな!」と笑って、ベッド…
続きを読む
文芸

【僕らはみんなヤッている】セックス遠征 前編

待てど、待てど、来ない。 今夜、前職の上司の神田が出張で東京に来ている。以前は二人とも東京に勤めていたが、まなみの転職と同時期に、神田は大阪転勤が決定。お疲れ様会ということで二人で飲みに行き、キスをし…
続きを読む
12