人気AV女優にさまざまなアダルトグッズの使用法をレクチャーしてもらう
【オトナのオモチャ相談室】。今回の講師は、あやねること涼川絢音ちゃん! Vol.2では、SSI JAPANの「シロローター」をご紹介!

シロローターR BIG
メーカー:SSI JAPAN
参考価格:2,500円

――あやねる先生、第2回で紹介させてもらうのはこちらです。SSI JAPANの「シロローター」。これには「絶対イカせるローター」というキャッチが付いているんですよ。

涼川絢音ちゃん(以下、涼川):おお〜! これは強気な……。でもメーカーさんの自信と意気込みは伝わってくる!

――渋谷にある「バイブバー」って知ってますか? そちらでお客さんにアンケートをとって、その意見を参考にして開発されたローターなんだそうです。

涼川:女性の意見を取り入れてると言われると、わりと信用ができそうな気がするのですが……。

――特長としては振動パターンの多さでしょうか。ソフトタッチな振動からはじまる12段階の振動は調整ができて、パターンは10種類あるんです。言ってみれば、120種類の快感を味わえるローター!

涼川:すっご〜い! この「+」と「−」のボタンで強さを変えられるんですね。12段階ってかなり細かくないですか? でも、ほんのちょっとの差異なのかもしれないけど、女の子はこだわりが強いからなぁ。

――あやねる先生はクリトリスは感じる方ですか?

涼川:実は……つい最近めっちゃ気持ちいいって思うようになったんです! AVに出るようになって開発されて、本当にようやく。もともとは完全なナカ派だったんですよ。

――えっ! 意外ですね。クリが感じないなんてこと、あるんですね……。

涼川:感じないってわけじゃないんです。刺激が強すぎて苦手になっちゃって。たぶん、それですぐイっちゃうからだと思うんですよね……。

――ああ、敏感過ぎて苦手になっちゃった感じなんですかね?

涼川:そうです。電マとかも、強すぎて嫌〜! ってなっちゃってたんです。でも、その刺激を受け入れるようになったんですよ。そしたらクリでイクって、ラクだなって(笑)。

――(爆笑)あやねる先生が、クリイキの良さに目覚めた!

涼川:ナカと違って、すぐにイけて手っ取り早いのがいいですね(笑)。

――それじゃ、今はプライベートでもクリ用のアダルトグッズは使ったりしてるの? ローターとか……。

涼川:家では小っちゃい電マを愛用しています。でも「シロローター」は触ってみた限りだと、柔らかくて優しい振動でありつつも電マに負けず劣らずの活躍をしてくれそうな予感が。

――そうそう。「シロローター」は初心者向けなので、ソフトタッチのような振動で生まれる快感が特長なんです。

涼川:確かにローターに対しては単に弱めだと感じることが多くて、「もの足りないかも」って印象はありましたね。今回「シロローター」で、そのイメージが払拭されそうな予感が……。

――マックス値まで強さをアップしても痛くはならないけれど、快感の度合いは太鼓判ですよ。こんな繊細な振動を表現できるローターはなかなかないと思います。

涼川:あと、ローターの良さって、何といってのピンポイントで当てられることじゃないですか。ピンポイントで「シロローター」……想像しただけでヤバい(笑)。

――あと、手軽さも良いところですよね。それこそ初心者の人が手にとりやすいのはローターでしょうし。まあ、最近は電マから入る人も増えてるみたいですけど。

涼川:私、電マは枕元に置いてるんですよ。まるでオブジェのように。

――すごい光景ですね、それ(笑)。「今日はこれ!」って感じで、気分次第で手に取る電マを変えるんですか?

涼川:そうです。置いてある順番としては、電マ、バイブ、ローションかな……。

――すごい枕元だ! 日によって手を伸ばすオモチャが違うのが特にエロい!

涼川:ローションの横にはお香が置いてあるんですよ。さらにその横には安眠のアロマがあって、ウェットティッシュという。人には見せられないですね(笑)。

――お香とアロマの焼け石に水感がすごい(笑)。それじゃあ、今はローターは持ってないんですか?

涼川:持ってないです。前あったのは壊れちゃいました……。ファンの方からいただくのも、電マやバイブばかりなのでなかなか手に入る機会がないんですよ。

――ファンの方がくれるんですね。あやねるの趣味趣向を加味してプレゼントしてくれるわけだ。

涼川:そうですね。まだ私も「一人で買いに行くの恥ずかしい〜」って感情があるので(笑)。いただけるのは有り難いです。

――あやねる先生が「シロローター」を使うとしたら、どの強さでどのパターンに設定しますか?

涼川:私、振動はシンプルなものが好みなんですよね。アダルトグッズでオナニーする時は、自分で焦らしたりして楽しみたいんですが、クリではその余裕が生まれない!

――ヘタに強い振動がくるとすぐイっちゃうんですね。

涼川:なので好みの強さは……(自分の指で確かめている)。あ、ここかな。地味にここでイキます。

――えっ……ここ、12段階中3ですよ? 超序盤じゃないですか!

涼川:4もいいかな……。あ、5はもうダメ。即イっちゃう。3なら、ちょっと時間かけてじっくりイク感じになるんだと思います。

――いや、あやねる先生のクリ、敏感すぎなんじゃないですか?!

涼川:振動パターンもちょっと試してみますけど……あっ、もう2個目のやつダメですね。これですぐイっちゃうことを想像して切なくなった。

――切なさを感じるローターでの即イキ(笑)。

涼川:あっ、なんか焦らし用っぽい振動パターンがありますね。これ、いいかもしれません。……でも、このイケそうでイケないことを目論まれてる振動であっけなくイっちゃうと思います。やっぱりダメだ。普通の振動パターン以外は即イキのフラグです。

――あやねる先生のクリには焦らしの概念がないのか!? でも、敢えて「シロローター」で、その境界線を研究して欲しいです。

涼川絢音
Twitter:@ayane_suzukawa

2014年5月、アダルトビデオメーカー・kawaii*の専属女優としてAVデビュー。高い演技力を評価されており、活躍の場はAVだけに留まらず、ピンク映画にも多数出演を果たしている。2017年5月には、映画「君の名は。」のパロディAV「君の縄。」に出演し、国内外で大きな話題となった。