人気AV女優がさまざまなアダルトグッズの使用法をレクチャー! 【オトナのオモチャ相談室】。今回の講師は、あやねること涼川絢音ちゃん! Vol.2では、大人のデパート エムズのオリジナル商品「エムズロータービヨンド Ver.2」をご紹介!

m`s Rotor beyond エムズロータービヨンド Ver.2
メーカー:大人のデパート エムズ
参考価格:1,296円

――第3回は「エムズロータービヨンド Ver.2」。秋葉原を中心に展開されている「大人のデパート エムズ」のオリジナル開発商品なんですよ。

涼川絢音ちゃん(以下、涼川):エムズさん! もちろん存じ上げてますよ。オリジナルのアダルトグッズがあるんですね。

――いわゆるスティックローターですね。色味がグリーンで見た目もかなり爽やかなグッズなんですよ。新緑のようなイメージで。

涼川:ローターのスティック版ですね! 確かに爽やかな感じがしますね。あっ、ローター部分の先が割れてる。チューリップみたい。

――特長はこの先割れ部分ですね。これでクリを挟み撃ちするような。

涼川:わっ! 本当だ〜。私の敏感なクリは耐えられるかしら……。

――あと、ネック部分が自由自在に曲がるところもポイントですね。どういう体勢でも使いやすいです。

涼川:え〜でも、これだとローターをクリに押し付けてたらネックがグリンってどっかあらぬ方向に動いたりしちゃいませんか?

――ネック部分は自分で使うというより、パートナーに責めてもらう時に便利なんじゃないかと思いますよ。

涼川:あぁ〜、それはイイかもしれませんね。あと、ローターって直接触って使おうとすると手が痺れちゃいませんか? スティック型だとそれが無さそうで、使いやすいかもしれませんね。

――ローター使うと手が痺れる問題は、誰しもがぶつかってる壁だと思いますよ。

涼川:やっぱり〜! だからローターのコード部分を持ってブラブラの状態にして焦らすプレイが生まれたのかな〜(笑)。

――そういう部分をクリアできる上に、的確な場所に当てられるのがスティックローターの長所でもありますね。

涼川:それこそ、最近の私が推奨しているお手軽イキにはぴったりですね! 枕元に置いておきたい感じ!

――それと、「エムズロータービヨンド Ver.2」は、操作がすごくシンプルなんですよね。ほら、最近のグッズってたくさん機能がついてる分、複雑だったりするんですけど。

涼川:確かにそんなにパターンがないんですね。値段もお高くなさそうだし、1つは持っておいてもいいかもしれないです。

――最近になってクリイキを極めたあやねる先生としても、気になる存在のようですね。

涼川:ただ……1つだけお願いするとしたら、立たせられるようにして欲しかったな〜。そうすればもっとサッと使ってサッとイケて便利!

――それは、完全にあやねる先生のベッドサイドの事情じゃないですか(笑)。

涼川:でも、私はオモチャは飾っておきたい派なんですよね。なんだろう……実はすごく好きなのかな? ずっと見てたいんです。

――えっ! 好きって、造形的にってこと!?

涼川:それと、洗ったりするから立てておきたいっていうのもあります。衛生面での問題ですね。

――なるほど。横に置いちゃうと汚れがつきやすいっていうのは聞いたことがあります。実用的な意味でも、アダルトグッズは立つものが好まれるのでしょうか……。

涼川:でも、この形は本当に可愛いと思います! マジカル系のスティックみたいで。これでペチペチしたくなりますね。

――それは男性に対してですかね? あやねる先生は、男性を責めたい願望って持ってるんでしょうか。

涼川:相手がそれを望めばって感じですね。ただ、これは乳首を責めたり焦らしたりするのにも有効そうだし、責めてみたい気持ちは生まれてきます。そうなると、まずは私が使ってみないと……。

――えっ!? 男性に使う前に、自分に使ってみるんですか?!

涼川:そうなんです。私、いつもM男苛めみたいな撮影の時も、SM用のアダルトグッズは相手に使う前に自分で試してみるようにしてるんです。

――「痛〜い!」って実感した後で「さぁ始めるよ!」みたいな(笑)。

涼川:そのM男さんの前で「私はやったからね!」って言いたいんですよ〜。

――うわぁ〜その方向からの責め方いいですね! グっときますね!

涼川:あと、前々から思ってたんですけど。責める側としてアダルトグッズを使った時、操作が複雑だとまごつくじゃないですか。あれ、カッコ悪くて嫌なんですよね。

――「エムズロータービヨンド Ver.2」だと、そんなことは無さそうですよね。

涼川:グッズが全然動かなくてモタモタしてるうちに、気づいたら形勢逆転されて、私が責められる側になってた〜とか、たぶんあるじゃないですか(笑)。

――なにそのマウントの取り合い(笑)。“叩いてかぶってジャンケンポン”みたいな発想だな〜。

涼川:でも、意外と私この「エムズロータービヨンド Ver.2」好きですね。これまで使ってきたローターの中でも上位に入りそう。

――シンプルだからこその良さに惹かれたんでしょうかね。その分だけ、遊び方は無限に考えられそうだし。

涼川:とりあえず、乳首の責め合いっ子したいです(笑)。

涼川絢音
Twitter:@ayane_suzukawa

2014年5月、アダルトビデオメーカー・kawaii*の専属女優としてAVデビュー。高い演技力を評価されており、活躍の場はAVだけに留まらず、ピンク映画にも多数出演を果たしている。2017年5月には、映画「君の名は。」のパロディAV「君の縄。」に出演し、国内外で大きな話題となった。