ピストンオーガズム

お気に入りの動きが必ず見つかる! オールインワンバイブ

近ごろアダルトグッズにご無沙汰だったのでウキウキしながら開封。
おっとこれは……見たら分かる、あかんやつや(いい意味で)。目に飛び込んで来たのは鮮やかなショッキングピンクに艶やかなフォルム。マットな質感に心踊りながら握ると、パッケージでも謳うだけあって肌触りは抜群。よくある開封時のグッズ臭も気にならず、いつ試すの? 今でしょ! ということでベッドにダイブしたわけである。

電源を入れ驚いたのは、作動音がかなり抑えられている。電動歯ブラシくらい。というか私の声の方がうるさくなるのではと不安になるレベル。
スイッチも分かりやすく3つしかないため使い方に困ることはなさそうだ。振動するのは性器を模した部分ではなく、カニの爪のようになっているクリバイブ部分である。この形状は挟めってことだよなぁ……と察したので、爪の部分でクリを触れるように当ててみた。その状態でも振動は伝わってくるので、焦らされる感じの刺激が好きな人はこれでも十分だと思う。
しかし、もっとがっつり派な私は爪の中心に押し当ててみた。ダイレクトに響く振動に思わず腰が浮きながら、冷静な頭でパターン切り替えのスイッチをポチポチ。継続的なものから抑揚がついたものまで10種類の振動があるため、どんな人でもどれかしら好きな振動パターンが見つかりそうである。ちなみに私のお気に入りは3つほどある。

次にピストンスイングだが、「待ってました!」という気持ちと裏腹に、よく見るとわりとボリュームがある。先の方が少し硬めなので普段使わないローションをつけてゆっくり挿入。なかなかの圧迫感である。ピストンする部分の一部に構造上シリコンが詰まってない所があり、物足りないのではと思っていたが、そんな心配はご無用! しっかりと存在感をアピールしながら攻めてくれる。ピストンスイングは中を押し上げながら全方位の壁を攻めてくるので、中イキ派には心からおすすめしたい一品である。しかも最高なことに手を放しても抜けずに動いてくれるので、オナニーなのに誰かに攻められてる気分が味わえるもの素晴らしい点である。

ただ一つ残念だったのが、ピストンスイングを使っている時にクリバイブを当てたら完璧じゃないか! と思い試そうとしたところ……あと少しというところで届かなかったのだ。もちろん個人差だろうから、両方の攻めを味わえる人を恨めしく思ったのは許していただきたい。

ピストンオーガズム
メーカー:タマトイズ
参考価格:6,264円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
4 4 5 5 4
鈴木あわび

10代から大人のおもちゃに魅了されてやまない26歳です。中イキを先に覚えてしまい、現在クリ開発中。日常の中のエロスに出会えることを生きがいにしてたりしてなかったり。ほんとはあわびより赤貝の方が好き。