NOL GLEPIS(ノール グルピス)

電動オナホに多い回転だけではなく、ピストン、回転&ピストンと三種類のモードを搭載、それぞれに10パターンの動きと10段階の早さで300種類の刺激!!

「NOL GLEPIS(ノール グルピス)」が届いた、箱を持つととても重い! 期待を膨らませ段ボールを開けると黒を基調とした少し格好いいデザインの箱が出てきた。箱を開けて見ると、黒い本体にクリアパーツを多用した電動オナホが顔を出す。メカニカルな雰囲気で格好いいが、使用後パーツを全部ばらして洗浄できる機能性も備わっている。

外観の話はこれ位にして、本体の話に入りたい。今回の製品の最大の特徴は刺激のパターンがピストン、回転、回転+ピストンと3種類選べることだ。この3種の動きそれぞれに10パターンの動きがあり、更に10段階の速さが加わるので理論的には300種の刺激が楽しめる。さらにヘッドホン(別売)で人気AV女優の宮沢ゆかり、なつめ愛梨、水野朝陽の音声が楽しめるなど機能満載のモデルという感じだ。

回転系による刺激も気持ち良くファンが多いのも事実だが、やはり「オナニーはピストン運動でなくては!」という人も多いのではないだろうか。今回はそうしたピストン派にも満足のピストンモードの他、回転+ピストンという贅沢なモードも搭載されている。さらに使用中もボタン一つでモードを替えられるので変化を楽しむことも出来る。実際使ってみると回転+ピストンはこれまでにない刺激で搾り取られるようにいってしまった。

ハンズフリー機能も付いているので、モニターに動画(おかず)を流し自分のモノを「NOL GLEPIS」に委ねているだけで何もしなくても射精してしまうのだ。個人的にはこの機種ならではの回転+ピストン(F3)で速さは4~5速位にしてパターンを変えて楽しむ感じがよさそうだ。

使い方のコツとしては、商品に同梱されているGLEPIS推奨ローション(1回分5ml。3個入り)が適量となる。
また挿入口や自分のモノにも少しローションを塗っておくと挿入しやすい。

先程ハンズフリーと書いたが、「NOL GLEPIS」は吸盤で固定して使用できるのも特徴で、ガラスや金属表面などならピッタリ吸着できる。しかし都合よい場所に吸着できる場所が無ければナビ吸盤用のベース(「吸盤スタンド ベース 取付シート」など)が使用可能だ。本体にそこそこの重量があるのでしっかり固定できる場所を選ぼう。

従来の回転に加え、ピストンも楽しめるようになった「NOL GLEPIS」はこれ単体でも十分に楽しめるキットだ。しかしジャパントイズでは今後このモデルに合わせたカップを拡充していくとのことで期待が高まる。
「NOL GLEPIS」は実売で1万円を超え、グッズとしては高価な部類に入るが、箱を手にしただけで「買ったなぁ~!」と満足できる重量感、質感だ。勿論前述の通り機能も満載のモデルだ。
折しも来月は12月でボーナスが支給される会社も多いと思うが、一年頑張った自分へのプレゼントにもよいのではないかと思う。

あ、“グルグルしてピストン”だから「グルピス」ね。

NOL GLEPIS(ノール グルピス)
参考価格:18,000円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
4 5 4 5 5
平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。