バイブ戦国時代ですね。バイブは、太さの違いも大きいけれど、ボタンの形状とか機能の違いとか、ホントに多岐に渡ってる。「快感が得られればみんな同じ」なんて思ってしまう時もあったけれど、実は個性豊かで、自分の理想! というバイブに出会った時のしっくり感は他の快感に替え難い。
というわけで個人に合ったバイブを見つける手助けをするべく、バイブの種類を大きく分類してみた。棒自体の大きさは小〜特大まで数多にあるので割愛。

クリ当ての形状

勝手に「クリ当て」というセンスのない名前を付けてしまったが、バイブからニョキッと生えてる、クリトリスを刺激するためのあの部分。クリバイブとも呼ばれる。

1. 触手型
先端にチョロチョロっと突起のついたやつ。あまりダイレクトアタックされない方が気持ちいい、オナニーをするときはいつも服の上からする、というタイプの人にお勧め。

絶頂アクメマックス スーパー

GILOVE バイブレーター

【エムズ限定】みんなのワンステップ

2. うさちゃん型
ウサギの耳がしっかりクリを挟む形。ダイレクトに振動の刺激がいって、しかも逃げられないので快感は大きい。個人的に、バイブも手動でピストンしたい派の私は、うさちゃんは邪魔に感じる。

エロティックラヴァーズ・ベイビー

プリティラブ ウェービングバイブレーター

Ohhh Bunny kinky ラビットバイブ

3. 押し当て型
大雑把にクリトリスやまんこ全体にバイブを押し付ける形。電マのような効果がある。私はこれ一択。詳しくはここ(【このオモチャがすごい。】でかいタマに責められて、真の「二点責め」が実現)で。

スーパーリアルバイブ ヘブン・ネオ

Fun Factory CAYONA カヨナ キャンディレモン

エクスティック

ボタンの形状

1. スライド型
大学生のときにはじめてラブホに足を踏み入れたときに既視感がある形。今時、電子機器でスイッチがスライド型って珍しいですよね、他にスイッチがスライド式の電子機器ってあるのかな。これの利点は、強さを思うがままに変えられることだけど、動作させたくにいときに誤爆しちゃったりと、何かとトラブルメーカーな気がする。

エロティックラヴァーズ・ベイビー

天まで昇れ 玉宝入り

絶頂アクメマックス スーパー

2. スイッチ型
ボタンをポチッと押すタイプ。これのデメリットは、自分の好きな強さにするまで何回もボタン押さなきゃいけないところ。で、間違ってまたオフにしちゃって、もう一回押し直さなきゃいけなかったり。あと誤爆もたまにある。けれど最近は、長押ししないと電源がつかないタイプも多くて優秀。

Fun Factory CAYONA カヨナ キャンディレモン

オナトレ バイブ ver.2 ピストン編

スーパーリアルバイブ ヘブン・ネオ

通電方法

1. 電池
昔ながらの電池を入れるタイプ。何でもかんでもコンセントで充電するこのご時世、若い女性が電池を購入する機会なんてあんまり無いと思っているので、スーパーとかコンビニで電池買ってる女の子はちょっと疑ってかかってる。

エロティックラヴァーズ・ベイビー

エクスティックDX ハイパー

オナトレ バイブ ver.2 ピストン編

2. 充電
電池より時代を一歩リードした形。けど、これ、充電するためにコンセント差してたら、人に見られるやん。それはどうすればいいの?(笑)

Fun Factory CAYONA カヨナ キャンディレモン

The Swan Hug スワン スクイーズ ハグ

ZALO Rosalie ザロ ロザリー

自分に合ったバイブを求めて

バイブといえば話題から外していけないのは、渋谷の「バイブバー・ワイルドワン」。出店当初は、正直しみけんのうんこカレー屋のような期間限定ショップだと思っていて、すぐ閉店しちゃうのかなーと思っていましたが(すみません)、健在どころかアダルト界隈では異彩を放つバイブの聖地となっているよう。
ここは、ハプニングバーのような場所ではなく、バーカウンターの壁にバーっと並ぶお酒の代わりに、バイブが並んでいるお店。実際に使用することはできないけれど触れる場所です。綺麗に並べられたバイブは圧巻。わたしもバイブ第一号はここでお勧めしてもらったな。

仕事中でも、「あ〜あれ突っ込みたい!」と恋しくなるほど、自分にあったバイブと出会えると、生活にハリが出てくる。「いやいや道具なんて絶対買わないわw」という人ほど、とりあえず一本買ってみて。

三尾やよい

悪趣味が高じてフリーライター。エロ・グロ・ゲテモノ。アダルト系WEBコラム連載/ニュースメディア翻訳ライター。毎日がFernweh(;-;) 将来の夢はベルリンで引きこもって夜な夜なテクノ鑑賞。