ぬきがーる

裏スジを襲う入口付近のゾクゾク感、「ぬきがーる」のサンダースパイラル攻撃に絞り取らレビュー

「ぬきがーる」はLOVE FACTORの新作ハンドオナホだ。パッケージには胸元が大きく開いた童貞を殺すセーター(改良版)を着た金髪の娘が描かれていて「私に抜かせて!」と言っている。今日はこの「ぬきがーる」のお手並みを拝見したい。

早速箱を開け中身を確かめてみる。中身は一般的なハンドオナホの大きさだが、肉厚な分重量は390gとなり重みを感じることが出来る。特徴としては内部は二層構造になっており、内部の繊細な感触と程よい締まりが両立されている。一方挿入口は少し大きめで挿入しやすく、匂いやべた付きが少ないなど扱いやすいオナホと言えそうだ。

中はサンダースパイラルゾーン、横溝ゾーン、発射穿孔と三区画に分けられて作られている。実際に挿入してみるとサンダースパイラルと呼ばれる手前1/3部分が個人的には一番気持ちよく気に入った。このミミズ系の細い物に優しく撫でられる感触は好きな人が多いのではないだろうか。先っちょを挿入するようにして浅くピストンすればこの気持ちよさを存分に享受できる。更にもっとこの感触を味わいたければ同社製の「オナホマジック」をお勧めしたい。「オナホマジック」は以前トイズマガジンでもレビューしたのでここでの言及は割愛するが、今回のオナホに関して言えば1.5倍位感触が向上した。

その次のヒダゾーンはヒダが螺旋状になっているのでピストンにも、回転にも対応している。更にいうとどちらが気持ちいいかは決められなかったが、時計回り、反時計回りでも感触が異なる。このゾーンは動かし方により異なる刺激が楽しめるので、色々試してみると思わぬ発見があるかもしれない。この部分は先程のサンダースパイラルと比較してやや刺激は弱めなので、自分のテンションに応じて使い分けるといいだろう。

入口付近のサンダースパイラルゾーンで激しく動かすとそれだけで早々に果ててしまいそうな位個人的には肌に合ったオナホだったが、ゴリゴリしごくような高刺激ともまた少し異なるので「柔らかくまとわりつくような高刺激」という表現が分かりやすい表現になるだろうか。「ミミズに裏スジを……」と言いかけたら「気持ちよさそう!」と反応してもらえる人ならきっと満足できるオナホだ。

挑発的な「ぬきがーる」がパッケージに描かれた製品だけに、この娘のお手並みはいかほどに?といった感じでのレビューとなったが、見事に抜かれてしまい完敗だった。「ぬきがーる」、なかなかテクニシャンな娘ですぞ。

ぬきがーる 六重螺旋サンダースパイラル~六重螺旋のすごいやつ~
メーカー:ラブファクター(LOVE FACTOR)
参考価格:2,400円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
4 5 4 5 5
平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。