アダルト業界歴13年。AVメーカー広報&AD、風俗情報サイト編集、アダルトグッズメーカー社員を渡り歩き、現在はライターを生業としているもちづき千代子が、これまでの仕事で体験したアダルトグッズにまつわる【事件】を大暴露!! さて、今回の事件の主役は……!?

File12. デカクリ娘のオナニー事件

私事ではありますが、最近インタビュー取材が増えています。AV女優だけでなく、デリヘル嬢やソープ嬢、さらには一般女性まで。日々、彼女たちのさまざまなセックスライフを詳細に聞き取り、それを記事にして生きております。

さて、先日とある素人の女の子にインタビューする機会がありました。名前はW子ちゃんという、23歳の女子大生。彼女へのインタビューの本筋はエロ系ではなかったのですが、場所がカラオケボックスで密室、しかも少しお酒も入っていたので話の流れが徐々にソッチ方面に……。

そして、ふいにW子ちゃんはこんなことを言い出したのです。「オナホールって使ったことありますか?」いきなりの質問にふぁっ!? となりました。使ったことがあると言えばあります。でもあくまでも男性のオナニー幇助というか……。しかしW子ちゃんが聞きたかったのはそんなことではありませんでした。
「自分のオナニーでオナホールを使う女の子っているんですか?」
ギャグで言ってるのか? と思いたいのはやまやまですが、彼女の目はいたって真剣でした。

実はW子ちゃん、クリトリスがとても大きい女の子でした。どのくらいのサイズなのか聞いてみたところ「興奮すると5~6cmくらいになる」とのこと。いわゆる”デカクリ”ちゃんだったわけです。興奮で勃起すると皮が剥けてしまう分、ひじょうに敏感だそうで、ローターや電マでオナニーをすると痛みを伴ってしまうそう。必然的に手で弄るのがスタンダードなオナニー方法だったようですが、たまたま男友達がオナホールの話をしていたのを聞いて興味が沸いてしまったらしいのです。

実家暮らしなので、通販で購入すると親にバレる可能性がある、アダルトショップには一人では怖くて行けない……。悶々と思い悩みながら、これまで誰にも相談できずにいたと言います。いや、でもしかし、私に相談されても。そう言いたいのをぐっとこらえ、アダルトショップは決して怖くないこと。通販ならコンビニ受け取りにもできることなど言い聞かせました。そして、入口が狭く奥行もあまりないタイプのオナホールをいくつか紹介し、その場は解散になりました。

その後、一度だけ彼女から連絡がありました。「教えてもらったホール以外にもいくつか試してみました。やっぱりオ〇ンチンとは違うのでダメだったものもありますが、使えるものも見つかったのでしばらくこれで楽しんでみます」とのこと……どうやら本懐は遂げたようです。ただ「最近、本物の女の子のアソコに入れたらどんな感じなのかな~なんて妄想にも拍車がかかってます」という気になる一文も書かれていたのですが……。彼女に新しい性癖を植え付けてしまったのではないかと心配しております。

もちづき千代子
もちづき千代子
Twitter:@kyan__tama

AVメーカー広報、風俗情報サイト編集、アダルトグッズメーカー社員を経てフリーに転身。
性産業への己の愛を凝縮した卑猥なテキストを綴り続ける、哀愁の豊満熟女ライターである。