ついにこの日が来てしまいました……。懐かしのヒットソングを人気セクシー女優が新感覚で歌う、ハイパーアイドルグループ・SEXY-Jの解散の日が! 12月19日に川崎のCLUB CITTA’で行われた3年間の声援に応えてのファイナルライブの様子をレポートさせていただきます。

1曲目は、SEXY-Jメンバー全員での「セーラー服を脱がさないで」。新メンバーが入ってのパフォーマンスはこれが初。ファイナルライブでようやく見ることができたのは、感慨深くもあり寂しくもあり。

MCはSEXY-Jではお馴染みのシャバダバふじさんと小島みなみちゃん。「みんなオールスタンディングでいこう!」と客席を盛り上げます。

トップバッターはきみと歩実ちゃんと尾上若葉ちゃんによるユニット・きみとわかば。曲は「サウスポー」です。

間奏中に「私たちとってもピンチだからみんな歌って!」とヘルプ要請をしていましたが、案の定2番の歌詞を覚えていない2人(笑)。最後の最後までさすがのクオリティ! でも、これがご愛嬌になるのがきみとわかば

続いては、最近すっかり大人っぽくキレイになった浅田結梨ちゃん。曲は「Hello, Again〜昔からある場所〜」

しっとりした曲調のバラードに挑戦。これはキュンときましたね。名曲を切なく歌い上げてました。

春原未来ちゃんは「タッチ」を熱唱。いつも以上に元気いっぱいに歌いながら、大開脚ポーズまで披露して客席を盛り上げます。

「ラストだけど寂しくないよね? 笑顔で送りだしてくれるよね?」お客さんに投げかける言葉の温かさに思わずうるり。

蓮実クレアちゃんは「ひと夏の経験」をダンスありで熱唱。

往年の名曲がばっちりハマる、セクシーさとカッコよさが同居したパフォーマンスに会場が大いに沸いていました。

先ほどはユニットだったきみと歩実ちゃんがソロでも登場! 「学園天国」をバックダンサーを従えてキュートな学生服で歌い踊ります!

客席からのコール&レスポンスも完璧! 今回は失敗もなしに絶好調のきみと歩実ちゃん。天真爛漫な魅力が満載の素晴らしいステージでした。

ファイナルライブとあってゲスト演も超豪華メンバーが揃い踏み! 一組目の女子ルピナス組「チョメリズム」を披露。ノリの良いナンバーに会場もノセられ、みんなで「チョメ」コールをしながら大盛り上がり!

2組目のゲストは、ずっとSEXY-Jを応援し続けてきた向井藍ちゃん。なんと歌でのライブ出演は今回がお初! にも関わらず、アコースティックなナンバーの「daring take me」を堂々と歌い上げていました。カッコ良すぎる!

3組目のゲストは斎藤みゆちゃん。デビュー曲の「アイボリーソング」を、緊張が伝わりつつも心に響く歌声で披露していました。

4組目に登場したのは、AV界の伝説的スーパーアイドル・みひろちゃん! キュートなロックテイスト衣装で「今すぐkiss me」を熱唱! デビューから10数年経っているのに、恐るべき可愛いさです……。

5組目は、SEXY-Jライブでもお馴染みの存在だった大和姫呂未ちゃん。新曲の「今宵、無情」を圧倒的な歌唱力で切々と歌い上げます。

大和姫呂未ちゃんは歌唱後にトークコーナーにも登場。最近はボイストレーナーとしても活動しているそうで、小島みなみちゃんから「どうしてそんなに歌が上手いんですか?」と率直な質問を投げかけられていました(笑)。

ここからは再びSEXY-Jメンバーが登場。天海つばさちゃんは「翼の折れたエンジェル」を……なんと今回は恒例となったカンペは無しで歌っていました! 最後にして快挙です(笑)。

出だしの歌詞飛びはあったものの、サビについては完璧! 本人も「いけた! いけた!」と大喜びしてました。

栗林里莉ちゃんはバックダンサーを従えて登場! 「キッスは目にして!」を素敵なダンスとともにお届け。

栗林里莉ちゃんらしい、キュートでポップなパフォーマンス。ライブ毎に上がっていく彼女のエンタメ力には驚かされていました。またぜひ見たい!

「ラムのラブソング」で会場を完全にヒートアップさせた天使もえちゃん。ラムちゃん衣装ですよ! 誰もが視線釘付けですよ!

「SEXY-Jのこと好き? 天使のこと好き? 私も、みんなのこと、だーい好き!」これを言われて堕ちない人がいるでしょうか?(否、いない)アイドルとして最高のパフォーマンスを魅せてもらいました。

そしてソロステージの大トリを飾るのは白石茉莉奈ちゃん。やはりラストソングは「1986年のマリリン」です。いつも以上の気合を感じるステージは、まさに圧巻。

キレッキレのダンスも、力強く響く色っぽい声も、何もかもが素晴らしく、思わず取材を忘れて見惚れてしまうほど。本人は、ふだんはない特効にテンションが上がってらっしゃいました(笑)。

そして、ここでサプライズゲストの登場。なんと波多野結衣ちゃんが来てくれました! 以前にSEXY-Jのライブにも出演したことがある波多野結衣ちゃんにとっても今回の解散は感慨深かった模様。メンバーを代表して白石茉莉奈ちゃんが花束を受け取りました。

ここで再びゲストのステージ。結まきなちゃんと瀬名きらりちゃんがユニットで登場しました。並木優ちゃんがつくった「blue plaque」を世界観たっぷりのパフォーマンスで披露。今後、彼女たちが何かを巻き起こすとのウワサもあり、気になる存在です。

続いてのゲストは、松田美子ちゃんと桜もこちゃんのユニット・みこもこです。W(ダブルユー)のナンバーから「ロボキッス」を。双子コーデがラブリーでした。

そして最後のゲストは三上悠亜ちゃん! ハロプロ内ユニット・Buono! の隠れた名曲である「初恋サイダー」を熱唱!

さらにタンポポの「王子様と雪の夜」も歌ってくれました。クリスマスらしい選曲に会場のお客さんもうっとり。

ついにライブも終盤! SEXY-Jメンバーが「ギュッ!」で会場をさらに熱くしていきます。同時に、もうすぐ終わるという寂しさも募らせながら……。

続いては「青春のフラッグ」。爽やかな応援ソングの歌詞が自分たちへの、そして客席のファンの皆さんへのメッセージのようで胸に響きました。

そしてラストソングは新メンバーも含めての全員熱唱で「じゃあね」。歌い終わると名残惜しさの残る中、SEXY-Jはステージを去っていきました。

アンコールでは、メンバーからの挨拶が。途中に浅田結梨ちゃんが「すごく寂しい」と涙を見せたり、天海つばさちゃんの「ずっと女の子の集団が苦手だった」という爆弾発言も出たり、天使もえちゃんが「またみんなと歌えるように頑張り続けたい」と語ったり……。

最後の白石茉莉奈ちゃんの「(SEXY-Jは)自分のホームで、帰ってくるかけがえのない場所だった」の言葉には感動がこみあげてきました。そして「SEXY-Jは解散ではありません。皆さんが願って思ってくれれば叶うはず」という希望に満ちた言葉も残してくれました。

そして再びの「セーラー服を脱がさないで」で今度こそ本当にお別れ。SEXY-Jの皆さん、3年間本当にお疲れ様でした!!

SEXY-Jのメンバーが「前向きに次の一歩に進むための」ファイナルライブ。今後の彼女たちのそれぞれの活動に期待しつつ、いつかまたSEXY-Jとライブで会うことができる日を楽しみにしたいと思います。

そんな中、恒例の楽屋潜入をさせてもらっておりました! 今回はSEXY-Jの会員番号8番・くりりんこと栗林里莉ちゃんに直撃。くりりんのお好きなアダルトグッズについて聞いているので、ぜひ動画をチェックしてみてください!
(取材・文・写真=もちづき千代子)