【オトナのオモチャ相談室】は、人気AV女優にさまざまなアダルトグッズの使用法をレクチャーしてもらう連載企画です。今回の講師は、あず希ちゃん。アイドルグループ「マシュマロ3d+」のマシュマロ☆アップルとして活躍中のアイドルでもあります。Vol.1では「絶対イカせる」ことでお馴染みのデンマシリーズの最新作で電マに対する印象が急変!?

ピンクデンマ2プラス
メーカー:SSI JAPAN
参考価格:4,298円

――143cmのミニマムボディのアイドル・あず希さん。この相談室ではあず希先生と呼ばせていただきますが……先生はプライベートでアダルトグッズは使っているんですか?

あず希ちゃん(以下、あず希):オナニーの時にバイブをちょこちょこ使ってますね。シリコンタイプのツルツルした感じのものが多いです。でも、ぐるんぐるん派手に動く感じのものじゃなくて、振動するだけですね。

――バイブ派なんですね。電マは使わないんですか?

あず希:持ってるし使ってるんですけど、使いすぎると感度が鈍くなるって言うじゃないですか。だから、そんなに使わないように心掛けてるんですよね。

――なるほど。でも今回はそんなあず希先生に敢えて電マを紹介します。こちら、SSI JAPANの「ピンクデンマ2プラス」。「絶対イカせるデンマ」シリーズの最新作で、カラーが3種類、ヘッド違いの「ピンクデンマ1プラス」もあるんですよ。

あず希:「1プラス」の方のヘッド、ものすごく小さいですね! まさか中に挿入するためにこんなに小さく……!?

――いやいや(笑)。ピンポイントの刺激が好きか、アソコの全体に響くタイプが好きかの違いじゃないかと思いますよ。

あず希:(スイッチを入れる)おおっ! かなり振動が強いですね。あ、ダイヤル式になってる。かなり振動の幅も広いですね。

――そうなんですよ。これなら微弱な振動が好みだったり、クリが敏感すぎる人にも対応できますよね。

あず希:うちにある電マなんて2段階しか変えられないんですよ。イマドキの電マはすごいなぁ~。

――それって、超ベーシックなアレじゃないですか!? ド〇キでよく売ってる、灰色の……。

あず希:そうそう! それですよ。すっごい振動は極端に強いのと弱いので2種類しかない(笑)。

――こちらの電マは振動パターンも10パターンあるんですよ。

あず希:え~。私、こんなにパターンがいっぱいある電マ初めてみましたよ。バイブはよく使うからたまにこういうパターンを見るけど、新鮮ですね。

――どれくらいの振動がお好みですかね?

あず希:う~ん……真ん中よりちょっと強めですかね。最大を10としたら、8.5くらいがいいかもしれません。

――パターンはどうですかね?

あず希:今まで使ったことがないんでわからないんですけど、もう普通に一気にイカせてくれそうなものがいいですね。焦らしタイプは誰かにしてもらうなら大歓迎だけど。

――オナニーではすぐイっちゃいたいタイプ?(笑)

あず希:です! でも「ピンクデンマ2プラス」は使ってみたいですね。この見た目のポップさといい、機能といい、めちゃくちゃ売れそうな感じがしますもん!

――確かに見た目も可愛らしいよね。家にある灰色の電マとはやっぱり違う?(笑)

あず希:これなら家に転がっててもいいかもしれないと思いました。今の電マも、コンセントに繋ぎっぱなしにしてるんですよ(笑)。いつでも使えるように。

――意外な横着っぷりが発覚した(笑)! じゃあ、したくなったらすぐスイッチオンの状態なんだ。でも、あの電マって電源コード短くない?

あず希:そうなんです。コンセントの周辺じゃないと使えないんですよ! 勢いあまって抜けちゃったりするし。

――その点で言えば「ピンクデンマプラス」シリーズはコードレスだし便利だよね。

あず希:そうですね。コードがないなら、いつでもどこでもOKですもんね。うぅ~ん。買い替えを考えてしまうなぁ。

――灰色電マは、けっこう長く使ってるんですか?

あず希:はい。実はもう、今使ってるやつが3代目なんですよね。アマ〇ンでいつも注文してるんですけど、同じ形をずーーっと買い続けてるんです。

――三代目(笑)! さすがにほかの電マに目が向かない? ほら、アマ〇ンならオススメしてきたりするじゃない。

あず希:う~ん……そう考えると、これまで私はやっぱり電マを積極的に使おうと思ってなかったのでしょう。

――けっこう頑なに電マに対する無関心さが(笑)。でも、クリトリスは感じる方なんですよね?

あず希:う~ん。クリは確かに気持ちいいんですけど、電マは直接当てたりはしないですよ。

――お!? けっこう正しい使い方を心得てらっしゃる。

あず希:私のアソコの土手のお肉をクリの方にかぶせて、その上から当てる感じで……。

――えっ。それって、あず希先生ってけっこうな盛りマンってことですよね!?

あず希:そうなんです! だから電マはお肉を隔てて当ててる状態で、ワンクッション作ってるんですよ。

――それならクリを傷めたり、過剰な刺激でイキづらくなったりはなさそう。もっとオナニーで電マを使って大丈夫だと思いますよ。オナニーじゃなくてセックスの最中に当てられることとかは?

あず希:ないですね。というか、実は私ってプライベートで変わった経験をしたことが本当にないんですよ。超ドノーマルなセックスしかしたことなくて。

――えっ!? オモチャを使うレベルでも無いの!?

あず希:そうなんです。だからこそ、今まで電マへの関心も薄かったのかなぁ。でも「ピンクデンマ2プラス」を見たら使ってみたくなりましたよ。いろいろ自分の好みの振動を見つけたりできるみたいだし、使い方次第で面白そうだなぁって。

――「1プラス」と「2プラス」だったらどちらがお好みですかね

あず希:「1プラス」は、こういうヘッドの電マを使ったことがないんでチャレンジしてみたい気持ちはあるかな。でも日常的になら「2プラス」がきっとお気に入りになると思います。

あず希
Twitter:@azuki_five

2016年5月にデビュー。2016年6月に開催された「マシュマロ3d+」のライブで、同グループの研究生となる「マシュマロ3d+ teamメレンゲ」となることが発表され、その後10月に「マシュマロ3d+」正式メンバーに昇格。テーマカラーが赤のマシュマロ☆アップルとして活動を開始する。AVデビュー前はコスプレイヤーとして活躍しており、現在も趣味としてコスプレやマンガ制作を行っている。