かつて一緒に仕事をしていた創業者から誘われ、7年前にバスメイトに入社。現在はセールスを担当して世界中を飛び回っている。

男性にとって、自らの“シンボル”に関係する悩みはいくつになっても尽きない。そんな誰もが感じるであろう男性器の問題を解決してくれるのが、イングランドのセックス・トイメーカーの「bathmate(バスメイト)」だ。そんな同社でセールスを担当するティム氏に、製品にまつわる開発秘話や技術について語ってもらった。

「バスメイト」といえば、世界で初めて「水圧」という独創的なアイデアで、男性器用ポンプに革命を起こしたオンリーワンの会社。男性器用のポンプといえば「空圧式」が一般的だが、なぜ「水圧式」という画期的な技術を思いついたのか。

ティム氏(以下、ティム):バスタイム創業者のジョンは元々、水圧計の技術者でした。ある時、彼の友人が自動車事故で“不能”になってしまったんです。そんな彼を何とかサポートできないかと考えたジョンは、自分がこれまで培ってきた「水圧」の知識や技術を生かして男性器用ポンプの開発に踏み切りました。試行錯誤を繰り返しながら、ついに「バスメイト」シリーズの初号機である「ヘラクレス」を完成させます。実際に友人が利用したところ、しっかりと勃起することができて、結婚生活の大きな助けになったと喜ばれたそうです。

確かな技術に裏打ちされた「ヘラクレス」は、瞬く間に世の男性たちに受け入れられた。

ティム:2006年に「ヘラクレス」を販売して、その年のうちにイングランドに工場が建つほどの大ヒットを記録しました。開発当初のコンセプトは勃起のサポートでしたが、そのほかに増強や増大という効果が期待できるということも追い風になったのかもしれません。その後、2007年の「ゴライアス」から「ハイドロマックス」「エクストリーム」と、現在まで改良を重ねた新シリーズをリリースを続けています。そして、現在は世界90カ国、年間25万個を販売する規模にまで成長を遂げることができました。


現在は3シリーズ9種類を展開。日本では3万円台のものが最も売れているとか。

水圧のプロフェッショナルだからこそ思いついた驚きのアイデア

バスメイトの男性器ポンプは、名前に「バス」とあるようにお風呂場で使用する。まずシリンダーにお湯を入れてから男性器を挿入。次にシリンダーを下腹部に押しつけて余分なお湯を排出したら、後はそのままでシャワーを浴びたり、お風呂に浸かりながら10~20分ほど待つだけでOKだ。非常にシンプルな操作だが、お湯の水圧を利用することで、空気圧式ポンプにはないさまざまなメリットがあるという。

ティム:空圧式ポンプは空気を吸引・圧縮することで変化させます。しかし、シリンダー内の空気を吸引した場合、一部だけが薄くなって吸引力が集中してしまい、圧力を均一に加えることができません。しかも、吸引力が偏ることで男性器の一部に吸引力が集中してしまい、「うっ血」や「ふぐり(水ぶくれ)」ができてしまう危険性も高くなります。一方、水圧式ですが、水は非圧縮性の物質なので、吸引力が加わっても圧縮されたり、一部に偏るということはありません。そのため、シリンダー内に均一に圧力を加えることができることで、男性器全体にバランスよく作用するほか、「うっ血」や「ふぐり」の心配もありません。また、デザインは人体工学に基づいたフォルムに仕上げ、高い吸引力を実現しています。

また、お湯を使うことにもきちんとした意味がある。

ティム:シャワーや入浴中は身体の血行が良くなっている状態であり、同時に男性器の海綿体細胞の柔軟性も向上しています。このときに圧力を加えることで、空圧式ポンプとは比べものにならないほど効果的な増大や増強効果を得ることができるのです。


バスメイトはお風呂というプライベートな空間で、リラックスしながらトレーニングできるのもポイントだ。

自動車で轢いても大丈夫!? 素材選びから生産体制までこだわり抜いた“英国流ものづくり”の精神

バスメイトは技術のほか、素材についても徹底的なこだわりを持っているのもポリシーなのだとか。

ティム:弊社の「バスメイト」と「ハイドロマックス」は、「レクソン」という防弾プラスチック素材を採用しているため、みなさんが驚くほどに頑丈です。例えば、シリンダーは外部から400kgの圧力が加えられても耐えられるような設計で、実際に弊社のHPでは自動車に引かせる実験を行っているのでご覧になってみてください(※)。また、肌に密着する部分の素材も独自のものを使い、より長時間の吸引力をキープできるように工夫しています。


※バスメイトの耐久力テストをWebサイトに掲載している。詳しくはバスメイトのWebサイトを参照。

男性器というデリケートに使うものだけに、安全性への配慮にも余念がない。

ティム:弊社ではイングランドにある自社工場で製造、管理までの一貫体制を敷いています。半径20マイル以内に本社から工場までを集約させることで、スピーディーかつ厳正な行動を実現。また、完成した製品はさまざまなデジタル機器や人間の目による品質テストや厳しい圧力テストや着脱テストによる耐久性の試験も行われ、安心安全な製品をお届けできるように努力しています。実際、弊社の全製品には1年間のメーカー品質保証を付けているのも、私たちの製品に対する自信の現れです。

「バスメイト」の水圧ポンプは、日本で売られている空圧式ポンプよりも価格は高めであることは確か。しかし、技術や素材から生産体制まで、とことんこだわり抜いた「バスメイト」のクオリティは、ちょっと他社にまねできないレベルなのである。一度手に取ってみれば、素材へのこだわりや製造の緻密さが実感できる。

セックス・トイの未来を見つめるトップシェア企業の新たなる挑戦

優れたトータルクオリティで「世界一売れている増大ポンプ」の地位を確立した「バスメイト」。トップシェアの地位にありながら、その目線はさらに先を見据えている。

ティム:昨今のセックス・トイは性的な快感だけではなく、性や健康の悩みを解消することも重要視されるようになっています。そのなかで男性起用ポンプの必要性は今後も高まると感じていて、現行の製品からさらに機能や利便性を向上させていくことが必要。また、セックス・トイには多彩なジャンルがあります。「バスメイト」でも今後は男性器用ポンプだけにとどまらず、さまざまなセックス・トイを開発していくことになるでしょう。実際に現在も新しい製品の開発プロジェクトが進行中なので、リリースを楽しみにしていてください。

「バスメイト」では、これから日本のユーザーに向けて個性的な商品を意欲的に提案していくという。

ティム:「バスメイト」の製品は日本でも販売されていますが、まだ認知度は満足できるレベルではないと考えています。しかし、増大ポンプは男性器を増大・増強させることに加えて、年齢の経過とともに衰えてくる勃起力や精力をケアしてくれる効果が期待できるアイテム。末永く愛用できることも大切なファクターであり、その点においてクオリティや安全性に対して絶対の自信がある弊社の製品をぜひ利用してほしいと思います。

バスメイト シリーズ

バスメイトシリーズの原点となる「バスメイト」は、手頃な価格とシンプルな操作でビギナーに最適。「ゴライアス」は勃起時のペニスサイズが18cm〜25cmと少し大きめの人に向けた製品だ。


バスメイト(1万2800円)


ゴライアス(2万2000円)

ハイドロマックス シリーズ

バスメイト・シリーズの構造をベースに、身体に密着するパーツを改良して吸引力を35%アップさせることに成功。先端の排水バルブをスイッチ化したり、本体にメートル法の目盛りを追加するなど、細やかな使用感も向上した。「X」の後の数字が大きくなるほど、ペニスサイズが大きい人向けとなる。


ハイドロマックス X20(1万7800円)、ハイドロマックス X30(1万7800円)、ハイドロマックス X40(2万2000円)

Xtreme シリーズ

手動ポンプ機能が追加されて、シリンダー内の吸引力を片手でカンタンに微調整できるようになった。増大トレーニングのためのオプションも付属している。


ハイドロマックス・エクストリーム X20(3万2000円)、ハイドロマックス・エクストリーム X30(3万4000円)、ハイドロマックス・エクストリーム X40(3万8000円)
ハイドロマックス・エクストリーム X50(3万9800円)

bathmate(バスメイト)

世界初の水圧式による増大ポンプを開発したイングランドのメーカー。確かな技術力に基づく設計、徹底した素材へのこだわり、生産管理体制の確立など、他社を寄せ付けないトータルクオリティでロングセラー製品を生み出している。