健康的な性生活には欠かせない「コンドーム」。性病対策の面でも大切なアイテムであることは、すでに広く知られています。
ところで「正しいコンドームの使い方」、本当にご存知ですか? かつて保健体育の授業で習った気がするけれど、大人になった私たちには、もはや遠いお話。そもそも、あの頃といえば思春期の真っ只中。ストレートにセックスを連想させるコンドームの話題は、どこか浮ついて聞こえたものです。マジメな面持ちで授業を聞こうものなら、席の近いクラスメイトが全力でからかってくる……という始末。
さて今回は、あの頃よりセックスが身近になった大人にこそ知ってほしい「コンドームの正しい使い方」をまとめてみました。

コンドームをつけるベストタイミングは?

コンドームをつけるのは「勃起してから」がベストタイミング。また、精液はフィニッシュ前にも分泌されるため、「勃起したらすぐつけること」を推奨しているメーカーもあります。

男性から「コンドームをつけている時の、あの”間”が気まずい!」という声を聞くことも少なくありませんが、そんな時ほど慌てないことが大切。男性がプレッシャーに感じているほど、女性はあの”間”を持て余していません。
それに、コンドームはとてもデリケートな作りになっています。堂々と落ち着き払って装着することで、思わぬ装着失敗を防げると思いませんか?

コンドームはとてもデリケート

あまり知られていないのは「コンドームは摩擦に弱い」ということ。破れてしまうのを防ぐために気をつけたいのは「一回ごとに新しいものを使う」「2枚以上を重ねて使わない」の2点。

喉への性病感染を防ぐため、オーラルセックスの際にコンドームを使うこともありますが、そのまま膣挿入をするのは避けるべき。オーラルセックス時に歯でコンドームを傷つけている可能性があるため、膣挿入に切り替わるタイミングで、新しいコンドームにつけ替えましょう。

「コンドームを財布に入れる」実はNG !?

「いざ!」という時のために、また「財布に入れておくとお金持ちになれる」というジンクスから、財布にコンドームを入れておくことがあるそう。けれど、そのコンドームを性行為に使うのは、オススメできません。
なぜなら前述のとおり、コンドームは摩擦に弱くデリケート。財布で保管することによって劣化し、破れやすくなっている可能性があるのです。必ず正しい方法で保管された新品のコンドームを使うようにしましょう。

カサイユウ
カサイユウ

お金大好きなアラサーライター・飲み屋の姉ちゃんです。
痛みで興奮するタイプですが、変態ぶっているフシがあります。
酒の失敗は3日で忘れます。