イギリス人に人気のホリデー先、スペインのカナリア諸島。その中のグラン・カナリア島はヌーディストビーチがあることでも有名です。今回はグラン・カナリア島のヌーディストビーチを紹介します。

ロンドンから4時間でパラダイスに到着

グラン・カナリア島はロンドンから飛行機で約4時間ほどで到着します。スペインでありながらスペイン本土よりアフリカ大陸に近い場所に位置しており、夏でも最高気温が30度を超えることが稀なロンドンに比べ、真冬の時期を除き、ビーチやプールで泳ぐことを楽しむことができるグラン・カナリア島はイギリス人に人気のホリデーリゾートなのです。

老若男女問わず真っ裸!

そんなグラン・カナリア島には海岸線沿いに美しい砂浜のビーチが広がります。年間を通して、多くの人が海水浴、またビーチでの日光浴を楽しみますが、そのビーチの中に「ナンバー4」と呼ばれるビーチがあります。実はナンバー4はヌーディストビーチとして世界的に有名で、真っ裸で日光浴を楽しむ人々が溢れています。
ビーチでは、英語、ロシア語、ドイツ語、スペイン語など様々な言語が飛び交い、また若い人から白髪交じりの人まで、実に多くの人々が人目をはばからず、生まれたままの姿でくつろぎます。
ビーチにはドリンクや軽食を販売するカフェがあり、その周りではドリンクを楽しみながら「出会い」を楽しむことができます。

ビーチにある小高い丘の向こうにはさらなる秘密が!

ナンバー4ビーチには小高い丘があります。そしてその小高い丘を目指して歩いている人を多く見かけます。
実は小高い丘を越えた先にはサバンナように小高い木々がたくさん茂っている風景が広がります。そしてその小高い木々の周りでカップルがセックスを楽しんでいるのです。そしてそれを見ながらシングルの男性がマスターベーションを楽しんでいるのです!

ナンバー4ビーチはあくまでもヌードになることを楽しむ場所、それを見て楽しむ場所であり、ビーチではセックスはしないという暗黙の了解があります。そのため、セックスを楽しみたいカップルは小高い丘を越え、そこでセックスを楽しむというわけです。
裸族にとってのバラダイス、グラン・カナリア島。ぜひ今年の夏の旅行先の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

Kumi

ロンドンを拠点にフリーランスライター兼翻訳家として活動中。
日本在住の頃よりセックストイやポルノに興味を持ち、ロンドンに拠点を移してからはその興味が倍増。日々セックストイショップを訪問したり、関連のパーティやイベントに参加。
またイギリスならではのアダルトライフを調査したり、と日本では経験できない日々を満喫中。