【オトナのオモチャ相談室】は、人気AV女優にさまざまなアダルトグッズの使用法をレクチャーしてもらう連載企画です。今回の講師は、西野翔さん。愛用のオモチャをプライベートで所有しているという彼女の、初めて出会う最新グッズへの反応やいかに!?

――西野翔先生は、普段からアダルトグッズは使用しているのでしょうか?

西野翔(以下、西野):プライベートでってことですよね? 使ってますよ。でも、基本的にお気に入りのものを見つけたらそれをずーっと使うタイプなので、あまり詳しいわけではないんですよ。

――ちなみに、今愛用しているのは?

西野:ちょっとヘッドが大きめのローターです。安定感があって、持ちやすくてお気に入りなんですよ。

――電マではないんですね。

西野:電マでオナニーするって女の子は多いと思いますが、実のところ私は否定派ですね。パワーが強いし、結構痛いし……あればっかり使ってると、人間とセックスできなくなっちゃいそうで(笑)。

――なるほど。今回、翔先生にご紹介させていただく商品は自分で使うより相手に使うタイプのものなのですが……。こちら、メルシーの「いちもつべると!」です。

いちもつべると!
メーカー:メルシー
参考価格:2,138円

西野:これはもしや、ペニバンのベルト!?

――その通りです。翔先生はペニバンを使ったことはありますか?

西野:はい。撮影では使ってますよ。

――従来のベルトって、ズレやすいというウィークポイントがあったりしませんか?

西野:そうですね。すぐにズレちゃって撮影中も難儀なことが多いです。

――このベルトの良いところは、そのあたりの安定感に優れているところなんですよね。

西野:あっ、確かにペニバンを付けるところにちゃんと土台がある。これはめっちゃいいですね。しっかり支えてくれそう。

――本当に生えているかのような感覚まで見事に再現できます。

西野:うんうん。土台が柔らかくてちゃんと股間にフィットしてくれる感じ。

――あと、サイズ違いの固定リングが2つ付いているので、お好みの太さに合わせて使えるところもポイントです。

西野:それ、すごい! 便利だな~。気分によって変えられるとか、いいですよね。あ、玉つきのディルドもそうでないもの両方使えるんだ。形にこだわらずってところも使い勝手がいいですね。

――翔先生は、ペニバンを男性にも女性にも使った経験がおありなのですか?

西野:どっちもありますよ~。M男さん相手だったりレズプレイだったり。私としては結構楽しめてるんですけど、従来のペニバンってやっぱり安定感の無さがネックになってて、やりながら気が散っちゃうんですよ。

――あと、従来のペニバンって海外製品が多くてサイズがガバガバなことがあるらしいのですが「いちもつべると!」は日本人の女性の体型にもちゃんとマッチしているので安心です。

西野:……今、パッケージ読んでてちょっと謎だったんですけど、これって男女兼用なんですね。男の人がコレ使うの!? チンコついてるのに!?

――EDの方が利用されることもあるのでは?

西野:あ~、なるほど! 医療的な意味でも価値のある商品ってことですね。これは実際に私も使いたくなってきたぞ。

――翔先生って、実は責めるのがお好きなんですか?

西野:はい。受け身よりはそっちの方が多いかな。単純に楽しいから!

――ちなみに、ペニバンを受ける側にまわったことは?

西野:そういえば、ないですね。挿入する方は結構やってるんですけど……。女の子に入れられたことって、思い返すとマジでない!!

――14年のキャリアがある翔先生が(笑)。

西野:私は意外とNG多いのでやったことないプレイはそれなりにあるんですが、これはちょっと意外でしたね(笑)。でも、とりあえず「いちもつべると!」は、挿入する側として試してみたくはあります。

西野翔
Twitter:@showtaro3

2004年9月にKUKI専属女優としてAVデビュー。その後もアイエナジー、S1、PREMIUM、MOODYZ、ATTACKERS、痴女ヘブンと数々の有名メーカーの専属女優を務め続けている、業界トップクラスの人気単体女優である。また、恵比寿マスカッツの第一期メンバーでもあり、バラエティやドラマ、映画など幅広い活躍ぶりも話題。現在はDJとしてイベント活動を精力的に行っている。