人気AV女優にさまざまなアダルトグッズの使用法をレクチャーしてもらう【オトナのオモチャ相談室】。今回の講師は、西野翔さん。今まで存在を知らなかったというバキューム系グッズのファーストインプレッションは……!?

――それにしても、デビュー14年で未だに第一線で活躍しているって本当にすごいことですよね。

西野翔(以下、西野):でも、その間に特に何か自分の中で変わったってことはないんですよ。特に性癖についてなんて、かなり一貫してますし。あんまり変わってないんですよ。

――それは昔からずっと責め好きだったってことですか?

西野:というか、私は男性の体にあんまり執着がないんですよね。どちらかというと女体が好きなんです。

――男性の〇〇が好き! みたいなフェチもない?

西野:フェチとしてあるのは、歯とか髪の毛なのであんまり男女関係ないし(笑)。でも唯一、ガリガリな男性がダメです。ぽっちゃりかマッチョではあって欲しいな~。チンコはふと短いより細長い方が好きです。

――そんな翔先生に今回ご紹介させていただく商品は、トアミの「プリティラブ スティックバキューマー1」です。

プリティラブ スティックバキューマー1
メーカー:トアミ
参考価格:6,480円

西野:えっ、なんですか。これ、何に使うものなの?

――これは近年グッズ業界で一大ブームとなったクリトリス吸引型のグッズなんですよ。

西野:えー! そんなものがあるの!? というか、どこで吸引するの? このてっぺんのところ?

――どうぞ触って下さい(笑)。手のひらで試してみるといいかもしれません。

西野:おっ……おお~! 結構吸い付いてきますね、これ。

――振動のパターンも12個あるので、いろいろ遊んでみてください。

西野:すごいっ! しかも、全然取れないっ!! えっ、いいの? クリトリスにこんなに強いものを当てても……。

――電マ不審気味の翔先生としては、クリを痛めないかが気になるところですかね。吸引系のグッズは女性視点で作られているものが多くて、謂わば女性の需要から発信されていると言っても過言ではないのですよ。

西野:なるほど。それなら安心ですね。吸われるっていう感覚が想像つかなくて……。気持ちいいんですか?

――えっ……。クンニでクリを吸われた経験ってありません?

西野:ないと思います。今までそんな人はいなかったな……みんなペロペロしてくるタイプだった。ちょっと、どういう快感なのが捉えられないですね。

――なるほど~。吸引の快感って、電マみたいに一気にイカされるような感じとはちょっと違って、なんかこう切なくなるような……キュッとくる刺激が面白いと思うんですけど。

西野:へぇ~……それを聞くと試してみたくなっちゃいますね。今度、セックスする機会があったらクンニで「吸ってみてくれない?」って頼んでみようかな。

――それで「イケる」と思ったら、是非吸引系グッズの世界にも足を踏み入れていただいて。

西野:私は本当にオモチャに対しては保守的で、自分のお気に入りのローター以外はほとんど使うことってないから、吸引系グッズを使うのはちょっとした冒険ですね。

――これまでプライベートではローター以外のオモチャを使ったことがないんですか?

西野:そういうわけでもないんですよ。一時期は肌色のディルドを集めるのにハマったことがあったくらい。あれはなんというか、形状がとにかくエロいな~って思って。でも使ってみたら入らなくって、そのまま置物になったという経験はあるんです。ちなみに、それ以降は撮影現場でそのサイズのディルドを見るたびに「これ入れるのは無理だから!」って自己申告してます。

――デザインについてはどうですかね? この商品は「iF DESIGN AWARD 2018」のSex toyの部門で受賞もしているんです。吸引系のグッズはわりとサイズも大きいものが多いのですが、非常にシンプルなデザインかつコンパクトなサイズ感で、波型の紋様もスタイリッシュです。

西野:面白い形ですよね! 色味もあんまり他のグッズでは見ない感じがいいです。

――是非「プリティラブ スティックバキューマー1」を試してみて欲しいです。

西野:そうですね。逆にハマっちゃったら、ローターと同じようにそのままずーっと愛用していくことになるとは思います(笑)。

西野翔
Twitter:@showtaro3

2004年9月にKUKI専属女優としてAVデビュー。その後もアイエナジー、S1、PREMIUM、MOODYZ、ATTACKERS、痴女ヘブンと数々の有名メーカーの専属女優を務め続けている、業界トップクラスの人気単体女優である。また、恵比寿マスカッツの第一期メンバーでもあり、バラエティやドラマ、映画など幅広い活躍ぶりも話題。現在はDJとしてイベント活動を精力的に行っている。