5月23日、青山RiZMにて「LADY MADONNA vol.7」が開催されました。

普段は出演者全員でのパフォーマンスがお決まりのオープニングは、なんとT-Project! 波多野結衣ちゃん、佳苗るかちゃん、大槻ひびきちゃんがボカロ名曲『メランコリック』を可憐に歌い踊ります。

実は6月3日でAV引退を発表している佳苗るかちゃん。この日がLADY MADONNA最後のステージなのです。華やかなスタートなのに、ほんの少し感慨深い気持ちが湧き上がってきました。

LADY MADONNA初登場となる、“肉便器お嬢様”五十嵐星蘭ちゃん。歌うのは『深愛』。歌唱力が必要な難易度の高い曲を、美しい歌声で見事に歌い上げていました。

天海つばさちゃんは、今回曲に合わせて衣装をチョイス! 『吉原ラメント』『魅せられて』ということで、花魁風にジュディオング感をプラスしたオリジナルのセクシーな衣装に身を包み……。

安定のカンペ芸で、今回も乗り切っていました(笑)。一瞬、歌詞が飛んだ箇所も「にゃーにゃー♪」で乗り切る、舞台度胸はアッパレです。

神坂ひなのちゃんは、バッグを持って登場。果たしてこの中には何がはいっているのか!? 一曲目の『恋心』ではストリップ仕込みの美しい身のこなしで、歌の世界観を余すことなく伝えてくれていました。

2曲目の『残酷な天使のテーゼ』では、バッグの中に隠していた持参ペンライトをお客さんに手渡して、自らステージを盛り立てていました! このやり方、新しい!

先日のDMM.R18アダルトアワードで特別賞を受賞した松本菜奈実<ちゃん。お決まりの「ななみ! ななみ! LOVE ななみ!」コールもバッチリ決まった『Q&Aリサイタル』は鉄板の盛り上がりを見せました。

『Don’t say “lazy”』では、ちょっとクールなカッコイイ系パフォーマンス。意外にこういうテイストもハマるんですね。

わっしょいコールの大合唱に迎えられた桐谷まつりちゃん。相変わらずのコアな選曲が光る! 一曲目は『キミハキミドリ』。こんな曲を歌うセクシーアイドル、ほかにはいない!

2曲目は、本人曰く「いつもあまり歌わない系」の『螢』。バラード調は確かに珍しいかもしれません。ちなみに、2曲とも裸足で歌っていました(笑)。

そして、LADY MADONNAのオーガナイザーである大和姫呂未ちゃんの登場。6月から海外留学をするそうで、10月のLADY MADONNA拡大版にて、その成果を披露してくれるとのこと。

ピアノ演奏で『虹』を、パワフルな歌声で『今宵、無情』を聞かせてくれました。この美しい歌声がさらにパワーアップするなんて楽しみです!

LADY MADONNAを代表する歌姫・白石茉莉奈ちゃん。今回も『A Thousand Miles』で甘く美しい歌声を、『DESIRE』で激しいダンスパフォーマンスを魅せてくれました。

そしてまりりん最新情報。7月14~17日に三鷹の武蔵野芸能劇場にて初舞台の出演が決定したとか。6月6日にデビュー5周年を控え、ますます活躍の場を広げていっているようです。

ピアノ演奏といえば、もう一人。毎回オリジナル曲を披露してくれる神咲詩織ちゃん。『闇夜のきらり達』『レインボーの軌跡』で会場を沸かせます。

『闇夜のきらり達』は、自分の仕事への想いを歌った曲とのことで、歌詞のひとつひとつが心に沁みました。

そして、今回のトリはやはりT・Project! 1年半前にこのLADY MADONNAでデビューした3人ですが、佳苗るかちゃんが引退した後は、大槻ひびきちゃんと波多野結衣ちゃんの2人で活動していくそうです。

最後のステージでは『アニソンボカロメドレー』とオリジナル新曲『きゅんきゅんLOVELY』を歌ってくれました。佳苗るかちゃんがイメージを発案したという『きゅんきゅんLOVELY』。タイトル通り、すごくラブリーな、るーちゃんらしい1曲になっていました。

LADY MADONNAから佳苗るかちゃんへサプライズで感謝状と花束が贈られました。佳苗るかちゃんだけなく、出演者も涙・涙・涙。ファンへの感謝の気持ちをこめた挨拶もグっとくるものがありました。

フィナーレは、佳苗るかちゃんへのエールを込めて出演者全員で『キセキ』の大合唱。仲間の新たな旅立ちを見送りながら、終幕となりました。次回は、6月18日にレディマニアライブが開催予定。ぜひ足を運んでみてください!

今回も楽屋にお邪魔して、神咲詩織ちゃんにコメントをいただいてきました。果たして、彼女の好きな大人のオモチャとは……!? ぜひご覧になってみてくださいね!