「野性の王国 アフリカ原住民と生中出しをヤる」 VOL.1

暑くなると開放的な気分になりますよね。そして屋外でのセックスを楽しみたいという人も多いでしょう。それはロンドンでも同じ!
しかし、ロンドンでの屋外セックスにはちょっとした注意が必要です。今回はロンドンでの屋外セックス事情を紹介していきます。

街のいたるところにCCTV(監視カメラ)あり!

ロンドンは大都市の割には比較的安全な街ではありますが、それでも犯罪から市民や観光客を守ることを目的にCCTV監視カメラが設置されています。メインストリートや駅構内、建物の入り口近辺はもちろんのこと、裏道などにも必ず設置されています。そのため裏道に入ってこっそりセックス! と思ってもしっかりCCTVに写ってしまいます。
もちろんイギリスでも屋外での性行為は禁止されています。そのため、性行為がCCTVに写ってしまうと、逮捕されてしまいます!

地下鉄やバスの中にもCCTVあり!

人もまばらな深夜の地下鉄やバス、電車。楽しいデート帰りなどはなんとなくエッチな気分になり、そのままそこでセックスしたい気分になる人は少なくはないでしょうが、ロンドンでは地下鉄、そしてバスの中にも数台のCCTVが設置されています。同じ車両に人が乗っていなくても、しっかりCCTVで監視されています!

穴場は公園!?

ロンドンは大都会でありながら多くの広大な公園があり、市民また観光客の安らぎの場となっています。そんな公園は屋外セックスを楽しみたい人にとっては穴場です。
公園は入り口やトイレにはCCTVが設置されていても、園内にCCTVは設置されていないことがほとんどです。もちろん見晴らしの良い場所では人目に触れてしまう可能性もありますが、木が生い茂る場所は穴場であり、早朝にそのような場所を通りかかるとコンドームが落ちていることが多々あります。
日本でも公園は屋外でセックスを楽しむ人の人気スポットですが、ここイギリスでも同様です。ただし、ロンドンの公園には野生のリスやキツネがたくさん生息しているため、動物たちに目撃されてしまう可能性大です!

ロンドンで屋外セックスを楽しみたい場合はCCTV、そして野生の動物たちに注意しましょう!

Kumi

ロンドンを拠点にフリーランスライター兼翻訳家として活動中。
日本在住の頃よりセックストイやポルノに興味を持ち、ロンドンに拠点を移してからはその興味が倍増。日々セックストイショップを訪問したり、関連のパーティやイベントに参加。
またイギリスならではのアダルトライフを調査したり、と日本では経験できない日々を満喫中。