イギリス女王が優れた国内企業に授与する「Queen’s Award」を受賞したことで知られるイギリス最大のアダルトグッズショップ・LoveHoney。世界で大ヒットした女性向け官能小説・映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の公式グッズの製造メーカーとしても有名です。そんなLoveHoneyが満を持してリリースしたのが「UPRIZE(アップライズ)」。革新的ディルドと称される製品の特徴と魅力を、同社の日本向けセールス担当の山崎さんに伺ってきました。


世界初となるディルド「UPRIZE」のリアルすぎる稼働シーン

――動画をご覧いただけると一目瞭然ですが、「UPRIZE」の最大の特徴はリアルな勃起を彷彿とさせる動き。本体、もしくはリモコンのボタンをプッシュすると、ムクムクという感じでボディが起き上がってきます。まさしく男性の高まりを正確にトレースするギミックこそ“世界初”のアイデアと聞きました。

広報・セールス担当 山崎さん(以下、山崎):この「UPRIZE」で採用されたリアルな男性器の勃起を再現するギミックは、これまでのディルドには見られない技術です。LoveHoneyの開発者たちが研究に研究を重ねて、男性器が徐々にたくましくなっていくシーンを細部まで緻密に再現することに成功しました。とことんまでハイクオリティを追求した唯一無二のギミックであり、きちんとパテント(特許)も取得した世界初のディルドです。

――この「UPRIZE」は勃起機能に加えて既存のディルドにはなかった工夫がたくさん施されていると聞きましたが、どのような部分でしょうか?

山崎:まず高品質なシリコン素材にこだわり、人体を思わせるリアルでなめらかな感触と安全性を両立させました。また、女性器の内部構造を研究して、Gスポットにジャストフィットするシャフト角度に調整しています。本体に配置された4つのヒダが挿入したときに内部を適度に刺激してくれます。そのほかにも、10種類の振動パターンを搭載。自分やパートナーに最適な刺激やリズムを選ぶことができるのも「UPRIZE」のメリットです。

――単なる“棒”である一般的なディルドでは再現できない“リアリティ”の追及されているそうですね。

山崎:普通のディルドは柔らかなタイプが主流ですが、「UPRIZE」はシリコンの内側にあるシャフトで勃起した男性器が持つ独特の感触をリアルに体験できるのもポイントです。あと、底面に大きめの吸盤が配置されているため、床や壁などに本体をがっちりとホールドするので、かなりハードな動きでもズレにくいのでプレイに没頭することができます。また、リモコンによる遠隔操作にも対応しているほか、別売りのハーネスに装着すればペニスバンドとしてプレイを楽しむことも可能です。

――なるほど。「UPRIZE」は既存のディルドを大きく発展させるアイデア満載ですね。この開拓精神はLoveHoneyのポリシーなのですか?

山崎:LoveHoneyは約15年の歴史を持つアダルトグッズショップですが、自社でのグッズ製作に参入したのは4~5年前のこと。当時から既存メーカーとの差別化を重要視していて、業界では類を見ない試みにチャレンジしています。例えば、世界的に有名なイギリスのロックバンド「モーターヘッド」、アメリカのヘビメタバンド「モトリー・クルー」とコラボして、彼らのオフィシャルのアダルトグッズを販売しました。映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』シリーズで公式グッズを手掛けたのもその一環であり、今後も他のメーカーが考えないようなアプローチで独自性を打ち出していくつもりです。

――「UPRIZE」の初回生産分は発売1カ月で完売したそうですね!

山崎:海外では4月にリリースされた「UPRIZE」ですが、メーカーの予想を遥かに上回るオーダーが殺到。1ヶ月弱で初回分の在庫を完売してしまいました。現在のところ工場の生産待ちとなっていて、日本でのリリースは8月を予定しています。
日本においてはまだまだ認知度の低いLoveHoney。この「UPRIZE」を筆頭に、品質と性能は世界最高の水準の自信があります。日本全国、サンプルを持ってお伺いいたしますので、ご興味をもたれたショップ様はぜひともお問い合わせくださいませ!

LoveHoney製品の問合せ先
NeoHorizon http://www.neohorizon.jp/
Gara https://shop.pagos.tv/
Arms http://arms-j.com/