東京は先月中に梅雨明けをし、ますます暑さを感じる季節になった。しかし、アダルトグッズでも涼を得られる製品が各社から発売されており、そんな製品を楽しむうってつけの季節でもあるのだ。
一番有名な所では「TENGA ディープスロートカップ スペシャルクールエディション」、通称「クールTENGA」だが、最近では「YUIRA SHIKORU BREEZE(ユイラ シコル ブリーズ)」「Ju-C PUTI[ジューシープチ] COOL」「MEN’S MAX FEEL Cool + wetch(メンズマックス フィール クール プラスウェッチ)」など各社からも色々と販売されている。これらはローションにメントールが配合され涼感を楽しめるというものだ。

だったら「お気に入りのオナホで涼感を……」とメントールを配合したローションを購入してくる手もある。最新作ではタマトイズの「夏色ローション」が発売になったが、他にも「TENGA PLAY GEL ICE COOL(テンガ プレイジェル アイスクール)」「爽快」などがある。更に老舗ペペの「ペペ クールミント」はメントールの冷感だけでなく、クールミントの香りで爽やかさ倍増というアイテムになっている。

一方オナホではないが、手軽にローション風呂を楽しめるGardenの「ハニーパウダー スーパークール」もメントール入りで冷感を楽しめる。折角、風呂で汗を流しても、浴室の暑さでまた汗をかいてしまうなんていう悶々とした感じが解消できるアイテムだ。今年も夏は長くなりそうだが、メントールを使った製品を有効に活用し少しでも過ごしやすい夏にしていきたいものだ。

季節柄夏らしい製品を色々と紹介してきたが、私は折角なのでメントール無しで冷感オナホができないかをやってみた。結論から言うとオナホは油なので冷凍庫でも凍らない、しかしローションは水なのでバッチリ凍ってしまった。ローションを冷やすのは冷蔵庫の方が良いだろう。
実際に使ってみるとローションの冷たさも手伝って見事ヒンヤリ感を味わうことができた。使い終わって洗浄している時にもオナホの芯に冷たさを感じられたのでまだ余力もありそうだ。また握っている手もキンキンに冷たい感触を味わえ気持ち良い。

ところで、このオナホを冷凍庫に入れるというアイデアは2年前に「女体冷やし枕で暑さを乗り切ろう!!」で紹介したが、この後もいくつかのオナホやおっぱいなどエラストマーグッズで試してみたが問題はなかった。しかし、ブリードは暑い時より寒い時の方が出ると聞いたことがあるので、多少寿命を縮めていることになるだろう。大切なオナホ等ではやらない方が賢明だと思うし、メーカー推奨の使い方ではないので、試してみる時は自己責任でお願いしたい。

平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。