繁華街で見かける、異彩を放つアダルトショップ。アダルトグッズに興味があっても、その怪しい雰囲気の小箱は、なかなか足を踏み入れづらいのではないでしょうか。
「ちょっとの勇気」を胸に、性欲と好奇心が爆発した私が自らの足でアダルトショップ巡りをはじめたコラム第3弾。
第一回目に訪問した、ワイルドワン新橋店DVD館と同じフロアにある、「ワイルドワン新橋店グッズ館」にイきました。

DVD館の目と鼻の先!

先に入ったDVD館にもアダルトグッズが豊富だったので、てっきりそちらがグッズ館だと勘違いしていました。

グッズ館は、DVD館の通りをまっすぐ行ったつきあたりのところです。


お店の雰囲気は?

同フロアのDVD館と異なり、フロアの奥にあって、入り口もひとつのグッズ館には、ワイワイと仲間と入店する人はあまり見かけませんでした。
ランジェリーコーナーやTENGAコーナーの前で、長い時間じっくりと真剣に選んでいる男性客が多かったです。
どスケベなランジェリーを選んでくれるパートナーがいる女性がとても羨ましくなりました。

パートナーにセクシー下着を贈ること

ところで、「パートナーからセクシー下着を貰ったら嬉しい」。そういう女性って多いんじゃないかなと思い検索してみたのですが、「3ヶ月以上付き合ってないと引いちゃう」とかネガティブなキュレーション記事ばかりでちょっとがっかりでした。そういう“空気を読め”的な風潮やめてほしいです。ちなみに私は付き合いたてであっても、乳首のところやまんこのところに穴のあいた下着をプレゼントされたらメチャ嬉しいです。冷静に考えればマヌケに思える格好なのに、その姿を想像して欲情してくれたのかな、と思えるからです。
逆に、私は元彼にセクシー下着を贈り、着てもらったことがあります。変態仮面のようにちんこを隠す布切れが上につながって、タキシードのようになってるやつ……そうそう! ちょうどこんなやつです。

彼は超嫌そうな反応でした。すみません。悲しいな。
男性はセクシー下着着るの、嫌でしょうか? 教えてください。

初心者も玄人も満足できる優秀空間

話は戻って、こちらがざっくり店内図(2018年7月現在)。

レイアウトを見て、お分かりいただけたでしょうか。
看板に「グッズ・ランジェリー、マニアックなSMグッズも大量!!」とある通り、入口付近のランジェリーコーナーも豊富な品揃えなのですが、店内奥のマニアックなグッズコーナーの充実度が高い!
「縄」や「ニップルカップ」、「尿道」用品の販売面積が広くとられており、店奥のディープさと、店先のポップさが共存した空間でした。
お店は新橋駅すぐのビルの中にあるので、「わあ、アダルトショップに入っていった!」感は出ませんし、夜22時まで開いているので、仕事帰りにフラッと立ち寄りやすいショップです。
(取材・文・写真=三尾やよい)