人気AV女優がさまざまなアダルトグッズの使用法をレクチャーする連載企画の【オトナのオモチャ相談室】。今回の講師は羽咲みはるさん。超攻撃的なローターの威力に驚きを隠せない!?

――今回紹介するのは、比較的みはるん先生にも馴染みがありそうなローターです。

ハイパーブラック9
メーカー:タマトイズ
参考価格:3,024円

羽咲みはるさん(以下、羽咲):ローターですか。撮影ではよく出てきますけど……。

――こちら、タマトイズの「ハイパーブラック9」です。まずは、実際に振動を試してもらうのが手っ取り早いかな。この商品の最大の特長は……

羽咲:はわわわわ! すっごいパワーが強い! めちゃくちゃ震えてる! え、これちょっと大丈夫(笑)!?

――刺激のレベルで言えば、世界最強クラスなんじゃないかと思うんですよね。とにかく、すっごくパワフルなローターなんです。

羽咲:こんなに強いローターは初めて見ました。クリ、取れちゃわないかな(笑)。

――それくらいの勢いありますよね。でも、振動の強弱はダイヤルで簡単に調整できますし、パターンも10個搭載されているので、自分好みの刺激は見つかると思いますよ。

羽咲:え~、こんなにパワフルだなんて、単三電池がすぐに無くなっちゃいそうですよ!

――いえ、これに使う電池は9Vのアルカリ電池で四角いタイプで頼もしさ満点ですよ。そうすぐに振動が弱まるなんてことはありません。

羽咲:いや~、このレベルの刺激って電マではたまにありますけど、ローターとして出会うことはそうありませんよね。

――電マに比べると当たる範囲が狭いので、その分刺激は集中するかもしれません。

羽咲:それじゃあ、体感的には電マを超える可能性もあるってことですよね……。これは使うってなったら、ちょっとドキドキしちゃうなあ。

――もしかして、そんなにクリは強くない方なんですか?

羽咲:どうでしょう。たぶん、そこまでは強くないとは思うので、これを当てるには慎重にならざるを得ないです。

――初心者の方にはハードルが高いローターかもしれませんね。使用には注意が必要なレベルです。

羽咲:だって今、振動させたまま手で持ってましたけどもう痺れちゃってます(笑)。

――みはるん先生は、ローターはプライベートで使ったことはありますか?

羽咲:ありましたけど、すぐに捨てちゃった(笑)。電池がすぐ無くなっちゃうのがイヤで。持ちが良くないイメージがすごく強かったんですよ。

――あ~、ローターにはあんまり良いイメージがなかったのか。

羽咲:でも「ハイパーブラック9」はその心配が無さそうだから、ちょっと興味あるんですよ。ただ、どうしてもこの強すぎる刺激には尻込みしてしまう……。

――そう言いながらも、使ってみたらハマっちゃったりしそう。

羽咲:(笑)。はい、それは十分あり得ると思います。

――みはるん先生は、ローターでオナニーする時はじわじわゆっくり刺激を求めるタイプですか?

羽咲:そうですね。焦らされる……みたいなプレイは嫌いじゃないので(笑)。相手がいる場合も、なるべくそうやって当ててもらうと嬉しいな~って。

――では「ハイパーブラック9」は、どう使います?

羽咲:ダイヤルで強弱調整ができるみたいだから、焦らしプレイもアリなんでしょうけど……ここはもう、即イキしたい時に大いに活用したいですね! 「今日は時間がないし、すぐイキたい!」って気分の時に使いたいです。

――なるほど。眠れない夜とかにサッとイケて便利かも。

羽咲:あとカップルで、男性がドSな人だと有効に使ってもらえるんじゃないかな。まったく動かない状態から一気にギュンってイカされるとか、そういうプレイは面白いと思います。

――ちなみにみはるん先生はSかMかでいうと?

羽咲:う~~~ん。どっちでもないし、どっちでもあるんですよ。責められるのも好きだし、責めてる時も楽しいし。でも、極端に「ドS」「ドM」っていうのは経験したことがないですね。

――ニュートラルにエッチなことが好きなタイプ?

羽咲:たぶん、普通なんだと思いますよ(笑)。性癖みたいなものもないし、フェチも持ってないんです。そこが自分にとって足りないところでもない、ほかの人にはない特徴なのかもと思っています。

羽咲みはる
Twitter:@usa_miharu

アイドルとして芸能活動をしていたが、2016年4月にMUTEKIよりAVデビュー。同年6月にエスワン専属女優となる。12月には恵比寿マスカッツに加入し、アイドル活動を開始。DMM.R18アダルトアワード2017では優秀新人女優賞を受賞し、今後の活躍を大いに期待される存在となっている。