繁華街で見かける、異彩を放つアダルトショップ。アダルトグッズに興味があっても、その怪しい雰囲気の小箱は、なかなか足を踏み入れづらいのではないでしょうか。「ちょっとの勇気」を胸に、性欲と好奇心が爆発した私が自らの足でアダルトショップ巡りをはじめたコラム。今回は「ラムタラ大宮駅前店」にお邪魔しました。

バレずに入店! 厨二心くすぐられる小路

「埼玉生まれ埼玉育ち、ダサいやつらは大抵友達」の私だから言いますが、埼玉ってホントに何もないんです。何を取っても、イイものはぜんぶ東京にあると思います。ですので正直、埼玉のアダルトショップって期待していなかったんです。「どうせしなびた田舎のお店なんでしょ? 目新しい煌びやかなものはぜんぶ東京本店とかにあるんでしょ?」……そう思っていた私を恥ずかしく思います。
ラムタラ大宮駅前店は、駅から徒歩2分のところにあるようです。そんな駅の近くに、アダルトショップがあるような場所ってあったっけ???

大宮駅東口を出て、目の前の「すずらん通り」を歩きます。
この通りは、塾通いをしていた時にほぼ毎日歩いていました。当時の私は、大宮の中古本屋で「東京大学物語」を立ち読みしてオカズにしている学生でした。もちろん、エロいことに爆発的な興味を持っていたので、通りにアダルトショップがあるとなれば、私が素通りしているはずはありません。どういうことか?

ファミリーマートの少し先、右手にこのような小路があります。なんと、この先にラムタラ大宮駅前店があるのです。誰かの敷地ではなかろうか? とも思えるので、知らない人は通らないでしょうし、「この道を通る者はラムタラに通ずる」とも言えるでしょう(フツーに通路として使っている方もいました)。
通路奥にお店があることを知らない通行人が多いと思うので、「アダルトショップに入る」ということをおおっぴらにせず入店することが可能です。駅のすぐ近くなのに、こうしたちょっとアンダーグラウンドな感じ、アダルトショップとしては最高の立地ですね。

まだ、まだ、まだ! 奥まで続く秘密の花園!

アダルトショップでおなじみの「TENGAあります」という旗がありますが、店先にはアダルト関連ではないガチャガチャなどが並んでおり、「あれ? ふつうの雑貨屋さんだっけ?」と戸惑います。まだ、アダルトの雰囲気を全面には匂わせていません。店に足を踏み入れると、シン・ゴジラのフィギュアだったり、アイドルのCD、サブカル系のCD、洋画、邦画……という豊富な品揃えで、「なんだアダルトじゃないじゃん」と思いきや、突如「イメージビデオ」が現れて、さらに奥にはAVやTENGA、アダルトグッズが!

私はアダルトショップに伺う際に、店内図をメモさせて頂いています。普段は、「このくらいの広さかな〜」とアタリをつけて書き始めて、だいたい1フロア1枚で収まります。しかし、私が空間把握能力に乏しく方向音痴なこともあってか、ラムタラ大宮駅前店は敷地が広いのか、商品数が多いのか、はたまた迷わせる構造をしているのか、もう収集がつかなくなっちゃって地図に起こすことを諦めました(笑)。

店員さんは「いやー、狭くてぎゅうぎゅうになっちゃって」と仰っていましたが、とんでもない。私が見てきた店舗の中でも、かなり広いのではないでしょうか。アダルトビデオの充実度が高くて、迷えど迷えど把握できません。とりあえず言えるのは、AVも大充実しているのにイメージビデオもいっぱい! 健全アイドルもいっぱい! フィギュアもあるし、エロ雑誌もあるし、写真集もあるし、ジブリもあるし、お笑いもあるし……とにかくオールマイティで楽しめる1階です。2階の店内図も、わたしのチンケな脳みそではこの有様でした。

印象的だったのは、このほんの少しの「VRコーナー」。今はまだ店の一角ですが、今後はアダルトショップのほとんどの面積をVRが占める世の中になるかも知れません。そんな未来に思いを馳せました。

わたしが思う「魅力的なアダルトショップ」

ところで、決して「レイアウトが分かりづらいってことね」とは受け止めないで欲しいです。
数々のアダルトショップを巡って私が感じたのは、「正直、置いているグッズはどこも似たりよったりで差はあまりない。人を惹き込む魅力があるのは迷い込んだ感があるお店だ」ということです。
やっぱりアダルトショップに足を踏み入れるのは、いつもちょっぴり勇気が要ります。
で、入店してみて、普通の中古DVDショップのようにすっきりと奥まで見渡せるレイアウトだと、早足で見て回りやすいし、じっくり商品を見て世界に浸るのが難しい。「その場所に入った」ということに満足してしまって、本来見れるものを、見落としているように感じます。
ところが、陳列棚が互い違いになっていたり、角度をずらして置かれた棚でお客さんを包み込むような構造になっていると、だんだんとアダルトグッズがしっかりと目の中に入ってきます。そういった店舗から出た後は全てを吸収したかのようで、とても充実感があります。ラムタラ大宮駅前店は、そういう「迷い込んだ感」が凄まじいのです。
地下フロアでは、買取受付と中古商品もされているラムタラ大宮駅前店。隠れた路地でお店に入りやすく、アダルトだけじゃない楽しみがあり、広くて品数豊富。お近くの方は、行くこと必須です。
(取材・文・写真=三尾やよい)