TABOO

ロンドンから電車で約1時間の距離にあるブライトン。駅から徒歩10分ほどでビーチに到達する海辺の都市で、ロンドンに比べリラックスした雰囲気でありながら、おしゃれなショップやレストラン、カフェが軒を連ね、「海辺のロンドン」とも呼ばれる街です。そんなブライトンはLGBTの街としても知られ、街にはゲイバーやレズビバンバーが溢れ、8月にはプライドバレード(LGBTのためのイベント)が開催され、ヨーロッパ中から多くのLGBTが集まります。
今回はそんなブライトンにあるオススメセックスショップ「TABOO」をご紹介します。

ブライトン駅から徒歩1分

ブライトンでオススメのセックスショップ「TABOO」はブライトン駅から徒歩1分というとてもアクセスのよい場所にあります。店構えはいかにもセックストイショップという雰囲気ではなく、まるで民家のような外観のため、人通りの比較的多い通りにありながら、周りの目を気にすることなく店内に足を踏み入れることがあります。

男性用セックストイが充実

ブライトンにはゲイやレズビアンの人が溢れ、男性同士、女性同士で手を繋ぎながら歩いている姿を見かけることは珍しくありません。そんなブライトンの街にある「TABOO」には一般的なセックストイショップに比べ、ゲイピープルが楽しむための男性用セックストイがより豊富に取り揃えられています。
特にオススメは巨大なディルドです。30センチ以上もありそうなディルドも販売されており、巨大なディルドは刺激的なセックスを求めるゲイの人気商品となっています。

SMグッズも充実

「TABOO」はどちらかというとLGBTもしくは少し刺激的なセックスを求める人たちのためのショップとなっており、いわゆる一般的なランジェリー類はあまり販売されておりません。その一方、SM愛好者には人気のラテックス製のコスチュームが多く販売されており、SM愛好者にも人気のショップとなっています。

日本にも発送可能

「TABOO」ではフレンドリーなゲイの販売員が商品選びなどの相談に気軽に乗ってくれます。しかし残念ながらイギリスに足を運ぶ機会がないという人にとっては、オンラインショップでショッピングが可能です。また郵送料はかかるものの、日本への発送も可能となっています。

イギリス旅行の予定がある方はぜひLGBTの街ブライトンのセックスショップTABOOに足を運んでみてください。イギリス旅行の計画がない人も、ぜひお店のホームページをのぞいてみてください!

Kumi

ロンドンを拠点にフリーランスライター兼翻訳家として活動中。
日本在住の頃よりセックストイやポルノに興味を持ち、ロンドンに拠点を移してからはその興味が倍増。日々セックストイショップを訪問したり、関連のパーティやイベントに参加。
またイギリスならではのアダルトライフを調査したり、と日本では経験できない日々を満喫中。