人気AV女優にさまざまなアダルトグッズの使用法をレクチャーしてもらう【オトナのオモチャ相談室】。今回の講師は、恵比寿マスカッツの5代目リーダーである“いっちー”こと、市川まさみさん。伸縮するバイブの動きにビックリ!?

――続いての商品はバイブなのですが、いっちー先生はバイブに親しみはありますか?

市川まさみさん(以下、市川):やっぱり撮影での使用がほとんどですね。家で使ってる「iroha FIT ミカヅキ」は、ちょっと細めだしよくあるバイブって感じとは少し違うので……。

――なるほど。では、これはちょっと衝撃的かも。トアミの「プリティラブ アルティメットピストンバイブレーター」。プリティラブは様々な展開をしていることで話題のバイブシリーズなのですが、今回もまた一味違うものが新登場したんです。

プリティラブ アルティメットピストンバイブレーター
メーカー:トアミ
参考価格:14,040円

市川:色味はパステルカラーでけっこう可愛いですけど……なんか、面白いデザインですね。あっ、この形はちょっとペンライトっぽい(笑)。

――確かにそう見えなくもない。けれど、このバイブの一番の特長は何といってもこの動き! ポチっと電源を入れると……。

市川:ええええ~~~~~!! なんか上下にピストンしてますよ!? えっ、バイブってこんな伸び縮みするものなんですか!?

――はい、これは自動でピストン運動をしてくれるバイブなんです。力強いでしょう? パワフルに突いてくれるでしょう?

市川:すごいパワーでガンガン上下に動いてますよ! アソコの奥が性感帯の女の子には堪らない刺激だろうなぁ。

――そうですよね。もしかしていっちー先生もポルチオは……。

市川:はい、激ピストンとか……好きです。凄い勢いでピストンされると「きたきたきたーっ!」ってどんどんテンションが上がっちゃうタイプで(笑)。かなり感じやすいと思います。

――だとすると、この刺激はリアルに想像できちゃうんじゃないですか(笑)。

市川:しちゃいますね~。これ、ちょうど良いところを突いてくれそうで動きを見てるだけでワクワクしちゃいます。

――ピストンのパターンは4種類。これに12パターン振動があるので、自分の好みに合わせて楽しめちゃいますよ。

市川:ゆっくり突かれる動きもあるんですね。気分で段階を上げ下げするのもいいなあ。

――触り心地も良いですよね。高品質メディカルグレードシリコン素材なので、女性の体に優しい感じ。

市川:そうですね。肌触りがツルツルして私としても好みのタイプです。う~ん、せっかく外イキできるようになってきたけど、これを使ったらナカ派が復活しちゃいそうだな~。

――えっ。いっちー先生、外より中を先に極めちゃったんですか?

市川:そうなんです。珍しいって言われるんですけど、中の方で先にイケるようになっちゃったんです。外に関しては、もうどうしたらいいかわからない状態で(笑)。

――いや、それはかなりレアケースですよ。どうやって克服したんですか?

市川:クリを弄りながらの潮吹きの特訓をしていたんですよ。潮を自由自在に吹ける女の子が羨ましくて。で、結果的に潮吹きはマスターできなかったんですが、代わりにクリでイケるようになりました(笑)。

――それはおめでとうございます(笑)。でもそれで最近は中が疎かになってはいたわけですよね。

市川:そうなんですよ。完全に順番間違えた~って感じで。でも、ずっと中でイッてたからか、外を覚えたら「オナニーならこっちのが気持ち良いじゃん」ってなっちゃったんです。

――でも、一説によると外イキと中イキは単純に神経の場所が違うだけで根本は同じ快感らしいですよ。俗説的に中イキの方が良いみたいな風潮がありますけど、そういうわけではないとか。

市川:ああ、そうなんですね。じゃあどっちでもいいか(笑)。だとしても、やっぱり男性側としては中でイってくれた方が「自分の手柄」って感じがして嬉しいんでしょうけどね。

――そしていっちー先生も、セックスで奥まで突かれるてイクのが好き、と。

市川:はい。そこは変わらずに大好きです。でも、サイズによっては届かない人もいるので、そういう時にこの「アルティメットピストンバイブレーター」は重宝するだろうな、と。

――むしろ届くのって巨チンの男優さんくらいですよね……。

市川:そうですよね。実のところ、そこまでのサイズのちんちんにはなかなか出会えませんからね。ポルチオで気持ち良くなりたい女性にはぜひ使ってもらいたいところですね。

市川まさみ

2014年にSODに入社して宣伝部に配属される。2015年1月に現役女子社員としてSODクリエイトからAVデビュー。翌年1月にソフト・オン・デマンドを退職し、SODstarレーベルよりSOD女子社員から初の専属女優になることを公表。3月にAV女優として再デビューを果たす。同年4月からは恵比寿マスカッツのメンバー入りをし、2018年8月より5代目リーダーに就任。活躍の場を広げ続けている。