人気AV女優がさまざまなアダルトグッズの使用法をレクチャーする連載企画の【オトナのオモチャ相談室】。今回の講師は、恵比寿マスカッツの5代目リーダーである“いっちー”こと、市川まさみさん。オナホールの肌触りに思わずうっとり!?

――いっちー先生、オナホールを触ったことはありますか?

市川まさみさん(以下、市川):オナホールはわりと触れ合ってきましたよ。使いこなす……とまではいかないですけど(笑)。それでも宣伝用の動画を撮ったりしたこともありますし、身近なアダルトグッズという感覚ではいます。

――今回紹介するオナホールはオナニス技研の「オナホウルO オレンジibo」という商品です。パッケージの女の子が可愛くて目を惹くのですが、中身も素晴らしいものになっております。

オナホウルO オレンジibo
メーカー:オナニス技研
参考価格:1,382円
オナホウルM メロンスクリュー
メーカー:オナニス技研
参考価格:1,382円

市川:っ!!! 何ですか、この肌触りはっ。すっごくすっごく柔らかくて気持ちが良いです!

――おや、想像以上にリアクションが返ってきましたね。そんなに良い感触でしたか?

市川:オナホールってこんな、マシュマロみたいなものなんですか? 私、今まで周りが結構しっかりコーティングされて固い入れ物に入ったやつしか触ってこなかったのかも。

――恐らくいっちー先生が触っていたのは、正確に言うと「オナカップ」だと思います。ホールをカップに入れたタイプのものですね。

市川:そうだったんですね! いや~ほんと気持ち良い~。ずーっと触っていたくなります。食べちゃいたいくらいのホワホワ感!

――食べちゃダメです(笑)。

市川:でも、美味しそうじゃないですか? これは夢中になる男性が多いのもわかります。すっごくすっごく気持ち良く包み込んでくれそうだもんな~。

――不思議と女の子って、オナホールを手にすると落ち着いちゃうんですよね。癒しみたいな感覚で。

市川:わかります、わかります。でもね、本当は使ってみたいんですよ。オナホールって男性しか使えない、女子の憧れでもあると思うんです。

――わかります。どんなに努力しても絶対に得られない快感がそこにあるって感じ。

市川:私、ちんちんが生えたらオナホールを絶対に使ってみたいんですよ。まあ、夢でしかないですけど(笑)。

――せめて指でその感触を味わっておきましょう……。どうですか?「オナホウルO オレンジibo」の中は。

市川:んんっ? これは凄い! なんか迷路みたいになっていて、中がビラビラしています。あと、吸い付きレベルが凄い。

――断面図を見る限りでは、かなりゴツゴツした部分が多そうな感じなんですが。

市川:そうですね。あと、狭いです。だいぶ。今、たぶん断面図のかなり奥の方まで入ってるんですけど、奥になればなるほど吸い付きが凄いですね。

――吸引力と細かい凹凸がポイントってところでしょうか。

市川:この刺激、かなり凄まじいです。え~だって、これをちんちんに吸い付かせちゃうわけでしょう? スゴイ名器ですよ。ひとたまりもないですよ。あ~、指入れたら余計にちんちんが生えてないことが口惜しくなってきちゃいました~!

――そして、このシリーズの大きな特長のひとつが、このレトロなテイストのパッケージ! なんとポストカードまで封入されているんですよ。

市川:これ、気になってたんですけどすっごく可愛いですよね。このレトロ感が逆にオシャレというか。敢えてのデザイン性が私は好きですね。

――ちなみに、もう一種類「オナホウルM メロンスクリュー」というものもあるんですよ。これにも指を入れて、オレンジと比較してみましょう。

市川:わぁ! ハッキリとオレンジと違う感触ですね。こっちの方がマイルドというか、優しいネットリした刺激が絡みつく感じがします。

――オレンジはだいぶ強烈だったと思いますが、メロンはそれよりはソフトなんでしょうかね。

市川:オレンジほど細かくはないんですよ。でも、その分だけ長持ちしそうです。早くイっちゃう人だったら、こっちの方が長く楽しめるのかもしれない……。

――シンプルだけど、そこがいいってところですかね。いっちー先生は個人的にはどちらがお好みで?

市川:私は刺激を求めるタイプなのでオレンジが好きですね! でも、メロンも捨てがたくはある……。いや、どちらにしても想像の世界でしか使えないけど! これを体感できる男性たちが本気で羨ましいです!

市川まさみ

2014年にSODに入社して宣伝部に配属される。2015年1月に現役女子社員としてSODクリエイトからAVデビュー。翌年1月にソフト・オン・デマンドを退職し、SODstarレーベルよりSOD女子社員から初の専属女優になることを公表。3月にAV女優として再デビューを果たす。同年4月からは恵比寿マスカッツのメンバー入りをし、2018年8月より5代目リーダーに就任。活躍の場を広げ続けている。