世界的な市場の動向と今後の展開

そんな同社は世界のアダルトグッズ市場について、どのような考えを持っているのだろうか?

マーク:弊社はアメリカを始め、ヨーロッパはイギリス、アジアは香港を拠点として世界に展開していますが、全体的な市場の動向は悪くないと考えています。アジアは前年比20%の成長を遂げた国がほとんど。そのなかでも台湾は2013年、2014年の売上高が劇的にアップしています。もちろん、それが氷山の一角であることも自覚していて、それにおごらずに魅力のある商品を提案し続けていくことをめざしていきます。具体的には、世界的に健康効果に対する関心が高まっている傾向を感じていて、その意識にコミットする商品やアピールをしていくことがとても重要になってくるはずです。

そのなかで、日本の市場においても意欲的な展開をめざしている。

マーク:日本のアダルトグッズ市場はとても成熟していて、たくさんのブランドが高品質な商品を生み出しています。それだけに競合は激しく、そのなかでエンパワードプロダクツ社の製品がどう入り込んでいくかがキーポイント。難しくはありますが、そのスペースは確実に存在すると思っています。日本ではアイディルーブジャパンさんをパートナーとして、なるべくたくさんのサンプルを提供できるように調整しています。日本のお客様たちにはどんどん弊社の潤滑剤を試していただき、恋人や夫婦との性生活が少しでも豊かになればうれしいですね

最近の日本では”草食系男子”や”やらみそ”のように、セックスを遠ざけてしまう若者たちが増えてきた。そんな人たちも含めて、ぜひとも同社の潤滑油を活用してほしい。


徹底された品質管理