手コキ研究会、それは「性を楽しむきっかけ作り」をコンセプトに、性に関する情報と、性を語る場所を提供しているイベントです。以前、潜入取材をさせてもらっていますが(性のスペシャリスト・今賀はるさんが指南する手コキ研究会に潜入してきた!)、今回久しぶりに参加してまいりました!

この2年で手コキ研究会の名は広く知られるようになり、その活動は大きな注目を集めています。毎月第2土曜日に新宿某所にて行われており、会費500円でどなたでも参加が可能とのことです。主宰しているのは現役風俗嬢であり、AV女優であり、セックスアドバイザーでもある今賀はるさんです。

レジェンドAV男優・太賀麻郎さんも参加。「手コキとは何か」という議題が性のスペシャリストたちにより大いに語られます。

最初に、手コキ研究会が提示する手コキの4つの役割についてが説明されました。「雰囲気づくり」「感じさせる」「勃たせる」「イカせる」ことを担っているのです。さらに今賀はるさんは「日本人はセックスにおいて会話が少ないと言われています。楽しい性生活のきっかけとして手コキは使えるテクニックです」との持論も展開されていました。

参加者が集まるテーブルにはディルドと手コキ研究会オリジナルローションが置かれていました。まずは、各テーブルに集ったメンバー同士で手コキに関するディスカッションが繰り広げられます。

私のいたテーブルは初参加の男性2名女性1名、常連男性1名、性従事者の女性1名というメンバーでした。手コキをテーマにした海外映画の話や、ぶっちゃけ挿入と手コキならどちらが好き? という話など、初対面としてはなかなか深いトークをさせてもらいました。
個人的に興味深かったのが、初参加の女性がここに来た理由。彼女はマッサージを仕事にしており、男性がマッサージ中に自然に勃起をしてしまうことを防げないか日頃から考えていたそう。勃起させるメカニズムを学ぶことで、逆に勃たせないメカニズムを知ることができるのではないかと思ったのだとか。斬新な考え方に目からウロコ!

続いて、今賀はるさんによる手コキのテクニックのレクチャー。今賀はるさんは、現在「手コキ48手」と銘打たれた48の技を持っているのだとか。参加者からの希望を汲んで、今回は48手の中から3つの技を披露してくれました。

まず「彼氏がオナニーをしているところが見たい」という女性に「ラブラブ扱き」という技を提案。男性が自分でしている手の上から、女性がそっと手を重ね、男性の手コキのリズムに合わせて扱きます。これは確かに2人の共同作業といった感じで、前戯としてもかなり有効な技ではないでしょうか。

そして「手コキだけでイカせたい」という女性には、とっておきの極上テクを伝授。「ワンダーランド」と名付けられたこの技は、片手で竿部分を握り、亀頭の部分にもう片方の手で蓋をする、なかなかテクニカルなもの。
竿に添えた手は膣の中を、亀頭に蓋をした手は子宮口をイメージしており、疑似セックスを体感できる優れ技。ちまみにイクまでこの技をし続けると、精子を手で受け止められるので飛び散ることがなく、掃除が簡単という豆知識も。

さらに「片手での手コキにはちょっとおざなり感が……」という男性も多いとのことで「お祈り扱き」という技も教えてもらいました。
その名の通り、お祈りの手の形で扱く技術。両手での手コキは心がこもっているように見えるため男性から悦ばれるとか。しかし、ひじをつけてできる、ペニスのサイズが大きい人にも対応できる、圧を調整しやすいなど、実際に行う女性にとって「ラク」なテクでもあるそうです。これは実用的ですね!

手コキのレクチャーを終えた後は、「大人のオモチャ品評会」と題したプレゼン大会が開催されました。各テーブル毎にチームを組み、ランダムに配布されたアダルトグッズの使い方や良いところをディスカッション。最終的には他のチームにそのグッズの素晴らしさをプレゼンをするという企画です。
TENGA社から「TENGA EGG」「iroha」、A-ONEの吸引型ローター「すう」などが配られる中、私のいたチームにやってきたグッズは……こちら!

トイズハートの「やわらかまん棒」! こちらのグッズの良さについて、まずはチームで語り合います。ただ、見ての通り本当に棒なので、イベント初参加のメンバーには少々戸惑いが……。そこで、不肖もちづき千代子。アダルトグッズ媒体のライターとして楽しみ方をいろいろと提案させていただきました。

特長として、とても柔らかく自由自在に曲がるというところをピックアップ。触り心地も良く、膣に入れる際はグッズ初心者にも安心安全な素材であると熱弁。さらに性従事者の女性からも「アナルを開発したい男性にも向いているのでは」という提案あり。指1本では物足りない、でも2本3本挿入するのはまだ怖い……それくらいの頃に使うと快感が期待できそうだと。すると次々と他のメンバーからもさまざまなアイデアが飛び出してきてディスカッションは盛り上がりを見せました。
プレゼン大会では残念ながら優勝はできませんでしたが、一つのグッズについて大人数で語り合う機会はなかなか無いので、これは良い経験でした。

手コキだけでなく、性にまつわる様々な知識や楽しみ方を啓蒙している手コキ研究会。2019年もますます活動の場を広げていく模様です。
次回の開催は1月12日(土)予定。さらに1月25日(土)には初の愛知県での開催も予定されているそうなので、ぜひ皆さん足を運んでみてください!

最後に、今賀はるさんがトイズマガジンのためだけに手コキ48手からスペシャルテクニックを動画で披露! ぜひチェックしてみてくださいね!
(取材・文・写真=もちづき千代子)

今賀はる
Twitter:@ho1no1ka

現役風俗嬢でありAV嬢。風俗嬢がもっと働きやすい、安心安全に働ける環境づくりを目指して活動を行っている。性に対して伸び伸びと語ることができる手コキ研究会の主催や、風俗嬢向けのお茶会などを実施中。