淋病は性感染症の中の1つで、風俗で働いている女の子が気をつけたい性病の1つでもあります。淋病の感染経路は感染者との性行為によって感染します。では、この淋病について詳しく解説していきましょう。

淋病とは?

淋病はNeisseria gonorrhoeaeという淋病菌が感染する事で発症します。この菌は温かく湿った場所を好むので体内では女性においては子宮頸管や子宮、卵管に、また男女問わず、尿道や口腔内、咽頭部、目や肛門に棲息しています。

淋病にかかるとどんな症状が出るの?

淋病に罹ると、男性の場合では感染後約2~7日間の潜伏期間があります。
その後、尿道炎となり排尿時の痛みと勃起痛が起きます。また、尿道から白や黄色緑色の膿のような分泌物が大量に排出されます。ただし、これらの症状が発現するまで30日以上かかる場合もあります。睾丸が腫れて痛みを伴い歩行が困難になってしまう可能性や将来的に無性症になる事もあります。
女性の場合、症状が全く現れないか、排尿時の痛みやおりものの増加、軽い不正出血といった軽い症状となります。しかし、治療をせずに放置しておくと卵管炎や卵巣炎、ひどくなると骨盤腹膜炎と言った病気に罹りやすくなります。また淋病に感染した女性は将来起こる合併症との戦いが待っています。
男女共通の症状としては直腸感染では分泌物の増加や肛門の傷み出血などがあげられます。さらに咽頭感染をすると咽頭痛がみられます。
妊婦さんの場合赤ちゃんに感染する恐れがあります。赤ちゃんに感染すると失明や関節への感染と言った事が考えられます。さらに、淋病感染者はHIV感染を受けやすくなるリスクもあります。
淋病への感染率は1回の性行為で約30%と高くクラミジアと併発している事も多いので定期的な検診をお勧めします。オーラルセックスによって咽頭部へ感染した場合は軽度の口内炎ができた後、自然治癒しますので見落としがちになってしまいます。

淋病の治療方法

感染を疑った場合、病院行って遺伝子核酸増幅法と呼ばれる検査をしてもらうことです。淋病と診断された場合の治療方法は以下の通りです。

淋病の基本的な治療方法は、抗菌薬を服用する事です。しかし、一般的に使用されているニューキノロン系の抗生剤では淋菌が薬剤耐性を獲得しているので症状をみながら、抗生剤の投与量や投与回数や間隔を変えながら治療する方針をとっています。
淋病治療のガイドラインでは以下の治療方針を掲げています。
・セフォジシム(CDZM)静脈注射1.0gを1回
・スペクチノマイシン(SPCM)筋肉注射2.0gを1回
・セフトリアキソン(CTRX)静脈注射1.0gを1回
といったように注射薬での1回のみの投与が基本となっています。
重篤な合併症を起こしている場合は抗菌薬の点滴をします。

まとめ

怪しいと思ったら簡易的な検査キットや1回で淋病の治療が可能な点滴や注射もあるので医師に相談してみると良いでしょう。
女性側から予防する方法としては、お互いの性器や口腔内、肛門周辺を洗浄してきれいにしましょう。また、成功以後は尿道を清潔にするためにも性行為が終わったら付着した菌を洗い流すために尿を出せるように行為の前に水分をとっておくと良いでしょう。淋病になったら男女問わずお互いに検査を受けるようにしましょう。

何よりも性病予防に重要な事は、コンドームの正しい装着です。正しくコンドームを装着することで互いの感染を予防する事ができるのです。
もし、性行為の後に症状が現れた場合や、症状がなくてもコンドームなしでの性行為があった場合は、検査をしてから適切な診察を受けてください。
期間中は性行為を避けるように心がけてください。

あきこ
Twitter:@manekineko0225

風俗業界で10年働いたのち、ライターに転身。
プライベートでは○十年セックスレスになりアダルトグッズに目覚める。
アダルトグッズの紹介だけではなく、医療系に従事していたことがあるので性病に関する情報提供や、女性がアダルトグッズを抵抗なく購入できるようにと願っているライターです。