2018年もエムズ各店を中心に旬のオナホを追い続けてきたが、本年最後は立川店のランキングを紹介したい。1位、2位は販売店限定オナホの為相変わらず強い感じだが、3位にはRIDE JAPAN「天下一穴(てんかいっけつ)」がランクインしてきた。
人気の秘訣はやはり名器であるからに他ならないが、エムズのレビューでも評価が高い一本だ。子宮系、二層構造が評価されてランクインしたと思われる。同じくRIDE JAPANで子宮系といえば「ロリCQ2」も評価が高い。こちらは一層構造だが、現在の評価ではこちらの方がポイントが高い。2019年最初のランキングをチェックする頃にはひょっとしたらランキングに食い込んでいるかもしれない一本だ。

順位 商品名
1位
TENGA フリップゼロ ソフトエディション
2位
無口なあの娘 ビッグ
3位
天下一穴(てんかいっけつ)

ところで週末は各社新作が目白押しだったが、やはり話題をさらった製品の一つが「TENGA GYRO ROLLER」だったと思う。エムズ立川店ではTENGAコーナの最前列にデモ機を置いてアピールしていた。またそれに併せて回転に特化した内部構造のカップがレギュラー、ソフト、ハードと3種同時発売となった。
回転系の電動オナホは数多く発売されているが、速度の調整などはボタン操作というのが通常だ。しかし「TENGA GYRO ROLLER」はジャイロセンサーが内蔵されているので、手の傾き加減で速度が変化する。直感的な操作で回転をコントロールできる、新しい発想のTENGA専用オプションだ。

また回転専用カップが同時発売されたが、従来品のうち主な9種類は互換性があり回転運動を楽しめる。「TENGA ディープスロートカップ」、「PREMIUM TENGA プレミアムテンガ」、「SD TENGA ディープスロートカップ」のそれぞれレギュラー、ハード、ソフトが対応カップになる。カップオナホから始まり、「バキュームコントローラ」や今回の「TENGA GYRO ROLLER」と周辺オプションも進化しているが、その互換性も驚きであり、素晴らしい設計思想だと思う。

最後になりましたが、一年間ご購読ありがとうございました。2019年も引き続き「オナホの今」を追って人気オナホや新製品オナホを紹介していきたいと思いますので、来年もどうぞ宜しくお願い致します。それでは皆様、良いお年を。

平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。