2018年も、もう終わり。今年の変態ニュースを振り返ってみると、草原や湖を舞台にした大自然での開放的なセックスはドローンで大公開。監視社会の中国では、隠された変態行為が明るみに。個々人がスマホで露出狂を激写……と、テクノロジーが進歩したことで「変態の見える化」が顕著だったなと感じました。
さて、今月もたくさんの変態が激撮されています!

電車から降りた直後、人目も憚らずホームで大便をする女性

女性はその場から立ち去ろうとしたがホームにいた駅員?に見つかり掃除をさせられた。

電車から降りた人物。他の乗客がホームからいなくなり、モジモジしたかと思うと、ズボンを下げて、ブリュウウとうんちをホームにぶちまけた!
グッドタイミングで居合わせた駅員がすぐさま駆け寄り、うんちを処理するように注意。自分が出したうんちと認めていないのか、しばらく話し合っていたが、女性は諦めたようにうんちに近寄り、ハンカチと思しきもので床をフキフキ。軟性が非常に高いうんちだったようで、床には拭いた跡がべっちょり。ハンカチも相当悲惨なことになっていたでしょう。

ところで、「漏れそうで死ぬ!」という状況は、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。もし、下痢が我慢できなくなってしまったら、人生は終わるのでしょうか? 死ぬのでしょうか? そんなことで死んでいたら人生が持ちませんし、そういう緊張感や羞恥心、「超えてはいけないライン」を自らつくり出すことが、ストレスの根源です。今はコンビニでどこにでもパンツが売っていますし、トイレにはウォシュレットも付いています。
万が一、外で我慢できなくなったら「漏らしてもいいじゃん! 替えのパンツはいくらでもあるよ」ということで(?)、公共の場でうんち放置はNGです。

R18【ベルギー】バーのTV(IPTV)をハッキングしてポルノ映像を流すハッカー

ベルギーで、複数の男らがバーのTV(IPTV)を店の外からハッキングしてポルノ映像を流すという事件が発生した。
ハッカーたちはハッキングする様子を撮影し、ネット上に投稿した。
IPTVとは、「テレビ」を「ネット」につなぐことで、いつでも好きな時に、品揃えされている映画や番組を視聴できる新しいサービス。

とあるバー。カウンターには女性客、マスターは屈強そうな男性。頭上のスクリーンにはフィギュアスケートが映されていたかと思いきや、突如AV鑑賞会に!
女性のパイパンまんこを男性がペロペロのどアップで、バーのマスターは大慌て。ハッキングこわー!

【日本】電車内で男性の股間を触る女性の姿が撮影される

30代とおぼしき女性が、キョトンとした顔でそっぽを向きながら、いやらしい手つきで隣の男性の股間をモミモミモミモミモミ。しかし、触られている男性もよそを向いて、互いに知らんぷり。
駅につくと、女性は何事も無かったかのようにスススッと他の方に行き、男性は素知らぬ顔で降りる準備をする。がっつり触っており、気づかないレベルではない。
「何時何分の電車で痴漢されませんか?」というやりとりの集まる痴漢出会い系サイトでしょうか?

【中国】女性の車に近づきフロントガラスにキスする男

きたねぇ!!!

【中国】舌を使ってゲームをする女の子が凄いと話題に

きたねぇ!!!
でも、舐めプレイが好きな方にはたまらなそうですねー。

R18妻の浮気現場に夫が突入! 衝撃の光景をみてしまう

物陰から、何やら怪しい息遣いが。撮影者がこっそり向かうと、そこには尻を突き出して立つ妻と、まんこに顔を埋める間男が。妻は壁を向いているし、間男は尻の下なので、目の前で撮られていることにまったく気づかない。それにしても、独特のクンニの絵面がスゴイ。

楽しい年末に、ついついタガがはずれてしまいがちですが、変態行為はほどほどに。

三尾やよい

悪趣味が高じてフリーライター。エロ・グロ・ゲテモノ。アダルト系WEBコラム連載/ニュースメディア翻訳ライター。毎日がFernweh(;-;) 将来の夢はベルリンで引きこもって夜な夜なテクノ鑑賞。