発想が新しい!脚だけのエアドールは実用性も十分で丁寧な造り。付属のストッキングで更にリアルに!

「立ちバック娘 下半身エアドール」は、その名の通り「脚だけ」のエアドールで立ちバックプレイが楽しめるエアドールだ。腰、尻などのエアドールは各社からラインナップされているが、「立っている脚だけ」というのは私が記憶にある中では他に一製品だけだ。しかし、その製品も現在流通していないので、実質この「立ちバック娘 下半身エアドール」は執筆日現在オンリーワンという存在だ。

それでは早速製品を見てみよう。エアドール本体を袋から出した時、真っ先に感じたのは「ビニールの生地が厚い」ということだった。またエアドールの溶着部分は通常0.5mm位のバリが存在するが、メインとなる脚部は溶着部が内側に織り込まれたような特殊な処理が施されている。腰上部の一般的な溶着と比べてみるとその違いが分かると思が、使い勝手や耐久性を考慮した丁寧な仕事にまず高評価だ。

更に付属のオープンクロッチストッキングも良い仕事をする。これは単純に「ストッキングを履かせた姿になるんだろ?」と考えないで欲しいところだ。ストッキングの伸び方による濃淡がグラデーションを作り、ビニール単体では安っぽかった表面を劇的にリアルにするのだ。個人的にはもう少し高デニールのストッキングの方が好みなのだが、ストッキング効果を分かって標準装備にしてきた開発者に脱帽だ。

製品の説明はこれ位にして実際にホールを装着しエアを入れ使ってみよう。気になるホールポケットは内周は約26.5cm、深さは19cm(どちらも実測)と一般的なオナホールから肉厚をウリにする大型ホール迄装着可能で汎用性が高いサイズになっている。
タマトイズのハンドホールは殆ど対応可能、他社であるが高級オナホとして有名な桐箱に入った7~800gクラスのホールもバッチリ入った。好みのホールを色々と楽しめる汎用性もポイントが高いところだ。

テーブルや椅子の背もたれに腰部を置き安定させて後ろからガンガン突くと、これはもうオナニーではない腰振り立ちバックのセックスそのものだ。高さも平均的な女性の等身大としているだけに使いやすい高さになっている。新しさ、斬新さは勿論だが、実用性や丁寧な造りも含めて新年早々良い製品に出会えたと思う。

立ちバック娘 下半身エアドール
メーカー:タマトイズ
参考価格:3,456円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
4 5 5 5 5
平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。