信長書店は、関西でトップクラスの知名度を誇る話題のアダルトショップ。現在は関西で7店舗展開しており、イベントへの出展も積極的に行っている、全国的にも注目されている有名グループ店である。
今回伺ったのは、信長書店 梅田東通店。梅田随一の繁華街に位置するこちらのお店は、2018年に大幅なシフトチェンジを図ったことでアダルトグッズユーザーから一躍脚光を浴びた。

――梅田通り店は、2018年に系列店内で唯一のアダルトグッズ専門ショップに生まれ変わったそうですね。

信長書店 梅田通り店 店長(以下、店長):そうなんです。現在、こちらでは新作DVDは置いておりません。最上階にある中古やゲイの方に向けた作品のみですね。

――それは思いきりましたね! 商材を絞った形なんですね。お客様からの反応はいかがでしたか?

店長:やはり前々からのお客様の中には「なんでDVDを失くしたんだ」というご意見をくださった方もいましたね(笑)。でも、概ね好評です。これまでとは違った新しいお客様も多くなってきました。

――具体的にはどの様に?

店長:これまでは男性客が主軸だったのですが、カップルで来られるお客様が急増しています。近隣にラブホテルが多いので、自然な流れなのかもしれませんね。コスチュームを選びに来て、ついでにオモチャも……みたいな感じで。

――なるほど。徐々に女性客も増えてきているということですね。では、順にお店を案内していただけますか?

店長:はい、ではまず2階からどうぞ。

――まず2階からですが、入口からドドーンとオナホールが。新作オナホの棚が目立ちますね~。

店長:2階は男性用のグッズ、主にオナホールがメインのフロアになっています。手前に新作、人気ランキングがあり、奥はメーカー別ですね。

――これ、信長名物とも言えるオナホの展示。これ、すごく良いですよね。触り心地も中の構造もしっかり見えて。

店長:この方式だと、お客様にじっくりとお好みのオナホを吟味していただけるので好評です。やはり、オナホの種類もますます増えているので、自分好みのものを買う前に確認することは大事ではないかと。

――今、注目のオナホってどういったものになるんでしょうか?

店長:人気でクオリティの面でも急上昇中なのが、フェラホールです。女の子の口内を模したものでこれまでも人気はあったのですが、ここに来てかなり凝った商品が出てくるようになりました。

――ほほう。では、その中で信長書店が推している商品をピックアップしていただけますか?

店長:A-ONEの「舌ピフェラビッチ」ですね。ギャル系の女の子をイメージしたホールになっていて、マグネットでついた舌ピアスが良いアクセントになります。

――すごい! 確かに、おちん〇んに舌ピの感触が加わってリアルなギャルのお口を体感できそうです。

店長:ピアスの位置も自由に替えられるので、好みの場所に刺激を与えることができますよ。ギャル系はアダルトグッズでは避けられる傾向にありましたが、これは評判がいいです。

――女優さんのフェラホールもあるんですね。

店長:その中でも凄いなと感心したのが、エンジョイトイズの「極選フェラ あやみ旬果【口内完全再現】」です。これには歯がついているので、本当にリアルなフェラの感触を味わえます。

――あやみ旬果ちゃんのガチフェラを満喫できる一品!

店長:彼女のファンのみならず、リアリティを追求したいタイプの方にもオススメですね。

――大阪、京都、神戸の実店舗では信長書店しか買えないリグレジャパンの商品もズラリ。リグレジャパンの全タイトルが購入出来るのは、信長書店だけらしいですよ!
取材に来る度に思いますけど、本当に面白いものが多いですよね。オナホも特徴的なものが揃ってます。

店長:何年か前に発売したオナホが突然リバイバルヒットを飛ばすことがあるのも、面白い傾向だと思います。「逆ヒダの姫」というオナホがまさにその典型で、数年前に出されたものなのに非常に売れていて大量入荷中です(笑)。

――続いて3階へ。こちらは、女性やカップルで使う商品がメインのフロアなのでしょうか?

店長:はい。ここにはプレイで使いやすいものが多いですね。ローター、バイブなどの電動系を取り揃えています。

――今、電動系での売れ筋はどのあたりになるのでしょうか?

店長:吸引系の人気は凄いですよ。「ウーマナイザー」を皮切りに、どのメーカーでも発売を始めたクリ吸引グッズですが、どこもそれぞれ趣向を凝らしています。

――吸引系グッズだけのコーナーも作られているんですね。確かに形も多種多様。そして、実際に触れられるサンプルもたくさん置いてありますね。

店長:どれだけ吸引力があるかは、お客様にとって最も重要視すべき点ですからね。密着感や吸引口のサイズも確認した上で買われるお客様が多いです。

――3階の階段を挟んでもう一つのフロアには、SMグッズがメインの商品として置かれています。正直、ちょっと狭いのですが、これはこれで“秘密空間”といった感じがいいですね。

店長:そうなんですよ。やはりマニアックなお客様がこちらのコーナーには多いんですが、狭い分だけじっくり集中して見て回れるようで滞在時間が他のフロアよりも長いです(笑)。

――わかる気がします。背徳感というかこっそり覗きに来ている感覚も、こういった商品を好まれる方には落ち着くのかもしれませんね。

店長:SMグッズの手前には電マコーナーを用意しています。各メーカーの人気の電マをしっかり網羅していますよ。

――売れ筋はやはり、フェアリーシリーズなのでしょうか?

店長:そうですね。有線タイプのものが根強い人気と言えます。ただ、最近こちらのSSI JAPANの「ピンクデンマ」はコードレスの中では群を抜いて人気ですね。

――「絶対にイカせる」というキャッチフレーズでお馴染みの!

店長:パワーの面で有線じゃないと、と言われる方が未だに多い一方で、コードレス系の手軽さや実は有線にも負けていないパワフルさに気づいている方も多い印象です。

――さて、最上階の4階ですが……こちらは「男の娘」いわゆる女装系のグッズが充実している印象ですね。まさかメイク道具までしっかり揃えられているとは。

店長:デパートやドラッグストアでは買いづらいという男性が多いので要望にお応えした形です。ベースからつけ睫毛、除毛クリームなんかも販売しています。

――ラインナップもしっかり流行りを押さえてますね。これは確かにシャイな男性たちは重宝しそうです。

――コスチュームも正統派からマニアック系まで申し分ない品揃えですよね。

店長:女性らしいボディラインを作るための生乳ブラやお尻パッドもあります。このフロアだけで初心者から上級者までの女装が完結できるようになっています。

――ワンフロア、ほぼ丸ごとですもんね。いるお客様はみんな、謂わば同士なわけですから、心置きなくショッピングを楽しんでもらえそうです。

――そして、同フロアにはアナル系のグッズも充実。ディルドから電動系まで素晴らしいラインナップですが、中でも一番目立っているのがアネロスのコーナーですね。

店長:ドライオーガズム系のグッズでいえば、やはり断トツですね。続々と新作が発売されていますし、中には女性向けなんてものもあります。

――進化し続ける商品だからこそ、お客様からの絶大な支持を得ているわけですね。

店長:それはどの商品にでも言えるとは思います。多種多様な商品を扱うからこそ、今お客様から求められているのはどんなものなのか、しっかり把握していきたいですね。

信長書店の新たな試みとも言える、アダルトグッズ専門ショップとしてリニューアルを果たした梅田東通店。「今欲しいグッズ」が確実に手に入る頼もしさに満ちた店です。ぜひ、足を運んでみてください!
(取材・文・写真=もちづき千代子)