人気の二股エアピローは「開脚型」へ進化、実用性でも見た目の迫力でも大幅レベルアップ!

タマトイズ人気シリーズの一つである「インサート二股エアピロー」は「改」「クッションピロー」とニーズに応じて進化してきたが、新しく「ハメること」に特化した「開脚型」が発売された。今回はこの「インサート二股エアピロー・開脚型」をレビューしてみたい。

まず最初にホールポケットのサイズをチェックしてみよう。シリーズを通して様々なオナホに対応できる様設計されているので、今回も自社のハンドホールは勿論だが超肉厚と謳われる他社の7~800gクラスのオナホも余裕で装着できた。ちなみにポケットの内周は私の実測で約25.5cm、深さ約20cmだった。オナホ固定具であるピローをルーツとしているだけに、大小様々なオナホで楽しめそうだ。

それでは早速カバーとオナホをセットしてみよう。このシリーズの愛用者はこれまであまり前後ろを気にせずカバーを装着していたと思うが、今回は足に形状があるので前後は重要になってくる。空気口がある側が背中側だ。

空気を入れて完成してみると同じカバー、同じイラストでもここまで変わるのかと欲情しつつ驚く。脚が開脚モードになっているので同じカバーイラストでも後ろはお尻を突き出したようなポーズになり俄然エロくなる。そして前側も開脚して誘っているような雰囲気だ。また上半身側の内部には仕切りが設けられ、これによりピローイラスト面の平面性が確保されイラストが自然な感じになった。初代に比べビジュアル的に格段に良くなっている印象だ。

実際に使ってみると正常位では脚が左右に逃げているので脚が邪魔という感じは無くなった。とはいえ脚はやはり本来あるべきものなので、少し広げるようにして自分の体を股にねじ込んでいくのは実感的だ。プレイの邪魔にはならないが存在感がきっちりあるこのバランスは、エアピローDXの使いやすさとラブドールのリアルさを併せ持った感じだ。

バックの使用では脚が程よい高さを確保してくれるのでこちらも使いやすくなっている。こうしたピローはつい空気を満タンにしたくなるが、少し抜けた状態位で使用すると関節を曲げたりできるので高さを調整する際も有利だ。また耐久性の面からも若干抜け気味をオススメする。

お尻を突き出した姿に魅せられてしまい褒めまくりのレビューになってしまったが、逆に従来シリーズと比較したデメリットを一つ挙げておくと「脚がこの様な形状なので添い寝が出来ない」という一点だけが挙げられるだろうか。これは話が脱線するが、同シリーズの二股クッションクッションピローが抱き心地最高でお薦めだ。お好みのカバーはファスナーで手軽に脱着できるので一緒に寝る時はクッションに装着してベッドインしよう。

製品を初めて見た時「これは!!」と思ったが、期待通り使いやすさでも二股エアピローが格段に進化した感じだ。エアピローならではのオナホの自由度、しっかりしたホールド感に加え脚が邪魔にならない開脚ポーズは実用性を格段に向上させた。またこの実用的な開脚ポーズが二次元のイラストに迫力も与えているので、見た目、実用性とダブルで嬉しい進化となっている。インサートエアピロー初期の頃からのファンとしては「この次」も楽しみになる製品だ。

インサート二股エアピロー 開脚型
メーカー:タマトイズ
参考価格:3,888円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
4 5 5 5 5
平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。