前回に続きワンフェス2019冬の模様をお届けする。今回は成人向けドール、一般ブースの様子をご紹介したい。

さくらドールズ

さくらドールズは新規参入のドールメーカーで、今後ぬいぐるみの等身大ラブドール、1/3サイズのTPEシームレスドールを中心に商品展開していくとのことだ。生産は中国の工場で行っているが、企画、デザイン、監修などは日本で行っている。

現在日本には様々なぬいぐるみラブドールが存在するが、「本当に自分が欲しいラブドールを作りたい」と思った代表が中国の工場と交渉して作ったラブドールで、一番インパクトがあるのが胸の大きさだ。これは工場で、「これ以上大きな物は作れません」という大きさ、つまりぬいぐるみの中では実質世界一の巨乳を誇るラブドールということになる。現在4~5月の受注開始を目指し準備中とのことだ。

DF研

最近成人ブースの常連になりつつあるシームレスドールメーカー。旗艦商品である1/3のシームレスドールは国産シリコン製ラブドールを小さくしたような感じで、関節が見えない分美しいボディラインを実現している。しかしトイズマガジン的には簡単に魔改造が可能な「ぷぎあ」を紹介したい。

「ぷぎあ」は更に小さいシリコンシームレスの1/12ボディで昨今人気の関節バリバリのフィギュア、ドールをエロいシームレスボディに換装するアイテムだ。これまでだと熟練したモデラーが削って、塗ってとそれなりの技術が必要だった「魔改造」が首のすげ替えだけで簡単に行えるのだ。
更にポーズ、ボディラインにこだわるならポーズ固定のキャストモデルもあるが、こちらはさらにマニア向きなポーズのラインナップとなっている。

リグレジャパン

リグレジャパンのワンフェス参加は2016年の夏以来、2年半ぶりの参加だ。しかし何故か成人ブースではなく一般ブースでの参加であった。しかしブースに行ってみると同社の看板商品である「パンティ~」シリーズが所狭しと並んでおり、改めて一堂に集まった「パンティ~」シリーズを眺めてみてその充実ぶりに驚いた。

しかも近日発売予定の新製品もある様で、「パンティマウスパッド」という製品が展示されていた。これはパンティ型のマウスパッドだが、中央のスジもきっちり表現されている。勿論スジが無かったら単なるモッコリになってしまうのでここは重要なポイントだそうだ。

TENGAロボ

2年前初めてグッスマのブースにTENGAのフィギュアが置かれた時には「一般ブースにまさかのTENGA!」と驚き取材に行ったものだが、前回TENGAロボがあり、春頃にはソフト、ハードとバリエーションも追加になるとなると「あとで企業ブースも行かなくては。」と当たり前の様に取材に行ってきた。慣れとは恐ろしいものだ。

グッドスマイルカンパニーに行くと想像通りノーマルに加えハード、ソフトと3人仲良く並んでいた。また、さりげなくフォトコンテストの告知も行われていたが、こちらも締め切りは2月20日と迫ってきている。私はお見かけしなかったが、SNSを見ると松本社長も来ていたようだ。次は何を仕掛けてくるのか、TENGAの次の一手も楽しみだ。

以上が今回トイズマガジンに関係ありそうなワンフェスの概要になる。回を重ねるごとに見所も増えてきているが、次回は7月の開催予定とのこと。また次もアダルトグッズメーカーの健闘を取材できればと思っている。

平野敏明
平野敏明
Twitter:@jokegoods

買う物が無くても時間があればアダルトグッズショップに足を運ぶグッズファン。エアピロー系、ランジェリー、コス、二次元系パッケージが特に好き。PNはこの業界で初めてカメラマンの仕事を始めたとき編集長から頂いた名前。