風俗の中でもデリヘルで働いている方が性病をうつされやすいのではないでしょうか?
風俗で働いている場合、性病に感染する確率が高くなります。性病はオーラルセックスやアナルセックスでも感染するので注意をするようにしましょう。
では風俗で働いている肩に掛かりやすい性病とその予防方法について紹介していきましょう。

感染しやすい性病は?

風俗で働いている場合、感染しやすい性病といえば
・クラミジア
・梅毒
・性器ヘルペス
・淋病
・カンジダ症
・ケジラミ
・トリコモナス症
・HIV感染ウイルス感染もしくはAIDS
以上が風俗で働いている方が感染染しやすい性病だといわれています。これらの性病を予防するにはどうすれば良いでしょうか。次の章で詳しくみていきましょう。

性病の予防方法

これらの性病から身を守るには定期的に検査を受けることと、コンドームを使用することです。性行為をしないからと言って性病にかからないわけではありません。オーラルセックスやキス(特にディープキス)からも感染する可能性があります。性病を予防するために相手の状態を観察することも必要です。

また、お客様の爪を観察して下さい。接客時には、必ずお客様の性器や肛門はしっかりと洗ってください。爪が伸びていると膣内に指を入れられたときに傷がつく可能性があります。そこから性病やそのほかの病気に感染しやすくなります。

さらに、プレイ終了後は口腔内と体をしっかりと消毒して下さい。プレイ後にはトイレに行くようにしてください。尿道に入った菌を洗浄するためにも付着した菌を洗い流す効果があります。

性病にかかりにくいお店を選ぼう

風俗で働く上で、性病への予防策はつきません。しかし、いわゆる「高級店」とされているお店では接客回数が、一般転と比べると比較的少ないのでリスクが軽減します。また、お店側も定期的に性病検査をしてくれるので安心できます。

風俗を利用するお客様が予防する場合の注意点

性病に感染したくない場合には、風俗嬢の接客人数が少ないお店を選択することや、客層が限られているお店を選択すること、風俗嬢の1回の出勤での接客数が少ないこと。上記の点を踏まえてお店を選択することで性病感染のリスクが軽減します。
本番行為がないからとコンドームの装着を怠ると、オーラルセックスや素股、クンニと言ったプレイでも性病への感染リスクが高まりますので、風俗嬢とお客様の性病予防のためにも必ずコンドームは着用してください。

お店選びも重要です。特に、アロマ性感やオナクラといった粘膜同士が接触する可能性が低いのでこれらの風俗を利用する方法も性病予防の観点から有効といえるでしょう。

まとめ

性病の予防にはコンドームの装着やお客様の体の清潔を保つこと、また、接客数を減らすことが有効ということがわかりました。
何よりも「おかしいな」と思った早めに性病科もしくは婦人科で診察を受けてください。手軽に検査したい方には、家庭でできる簡易検査キットを利用する方法も良いでしょう。不特定多数の相手とセックスする場合、どの人から感染したのか経路が不明となってしまう恐れがありますので、パートナーを特定するか、風俗に行った日と風俗嬢を覚えておいて、「どこで感染したのか」を把握しておく必要があります。

もし、男性も女性も性病に感染したかも?と感じたら、それ以上のプレイは避けてこれ以上感染を増やさないように治療に専念してください。どうしても風俗が良いがやめられないという方は、なるべく高級店を利用して、性病の感染を軽減するためにも効果的だといえます。風俗で働いている方も定期的な検査で性病の感染を防ぐようにしてください。少しでも違和感を覚えたらすぐに検査をしてこれ以上の感染を予防することが重要となってきます。「自分は大丈夫」ということはありませんので定期的な検診を心がけください。

あきこ
Twitter:@manekineko0225

風俗業界で10年働いたのち、ライターに転身。
プライベートでは○十年セックスレスになりアダルトグッズに目覚める。
アダルトグッズの紹介だけではなく、医療系に従事していたことがあるので性病に関する情報提供や、女性がアダルトグッズを抵抗なく購入できるようにと願っているライターです。