3月8日、初台DOORSにて「MilGene Premium Live 7(ミルジェネプレミアムライブセブン」が行われました。今回はなんとアニメソング祭! 誰もが知る懐かしのアニソンから、知る人ぞ知る名アニソンまで、セクシー女優さんたちが大熱唱! 出演は妃月るいちゃん、かさいあみちゃん、そしてAMATSUKA(天使もえちゃん)の3名です(阿部乃みくちゃんは体調不良で休演になりました)。

トップバッターはガチのオタク女優として人気をどんどん高めている妃月るいちゃん。1曲目は「GS美神」のオープニングテーマだった「GHOST SWEEPER」。1990年代アニメ好きには堪らない曲チョイス!

2曲目は「ドラゴンボールGT」のエンディングテーマ「Blue Velvet」。ちょっぴり大人な女を感じさせるセクシーな歌い方にドキドキ。

3曲目は映画「ルパン三世 カリオストロの城」の主題歌「炎のたからもの」。これは名曲! さらにトークでは映画への造詣の深さやルパン三世への愛をたっぷり語ってくれました。オタク女優の真価がキラリと光る!

最後の曲は、これぞ妃月るい! 「闘将!! 拉麺男 (たたかえラーメンマン)」のオープニングテーマだった「輝け! ラーメンマン」。敢えて「キン肉マン」では無いところに彼女のこだわりが伺えます。何でもラーメンマンは一番好きなキャラクターだそうで……。おそらくこの選曲と激しいパフォーマンスで、彼女を初めて見たお客様も「ガチオタだ」と納得したのではないでしょうか。

続いてはかさいあみちゃん。今回初めてステージの上で歌唱を披露した彼女は、最初はかなり緊張しているようにも見えました。しかし、歌い始めればそこは素晴らしい舞台度胸を発揮! 「サクラ大戦」のテーマ曲である「檄! 帝国華劇団」を台詞付きでしっかり歌い上げました。

2曲目は、アラサー世代の懐かし系少女マンガ「満月をさがして」のオープニングテーマ「I ♡ U」を披露。パンクロックな曲調もバッチリとハマってます。

3曲目は名作バスケアニメ「スラムダンク」のエンディングテーマ「煌めく瞬間に捕らわれて」。数多いスラダン・ソングの中でも敢えてこれをチョイスするセンスの良さに脱帽です!

ラストは「ツヨシしっかりしなさい」のオープニングテーマだった「LOVE YOU ONLY」で会場を熱狂の渦に。コールアンドレスポンスも完璧で、聞いているこちらも気持ち良かった! 曲前に行われた「最後の曲になります」「やだー!」のやりとりではあみちゃんもご満悦でした。

ボーカリストとしての実力はお墨付きのAMATSUKA。セットリストも難易度が高い名曲揃いで、さすがとしか言いようがありません。1曲目は「鋼の錬金術師」オープニングテーマだった「消せない罪」。鳥肌が立つほどの見事なパフォーマンスでのっけから会場の空気を自分のものにしていました。

2曲目は、今の自身の心情を映し出しているという「天元突破グレンラガン」主題歌の「空色デイズ」。「この曲でFANZAの最優秀女優賞を獲りたいと思います」と、5月に控えた大きな賞への想いも語りました。ロック調ナンバーは、まさにAMATSUKAの得意とするところ。彼女の心が溢れ出したかのような歌声に感動すら覚えました。

3曲目は「CR新世紀エヴァンゲリオン 最後のシ者」のイメージソング「集結の園へ」。AMATSUKAの歌唱力がいかんなく発揮されていました。歌う姿の神々しさと言ったら……。おそらくアニソンの中でもトップクラスの難易度を誇る曲ですが、これを歌いこなすとは……お見事です。

ラストは「デジモンアドベンチャー」のオープニングテーマ「Butter-Fly」。男性ボーカル曲を歌うAMATSUKAも新鮮です。最後まで全く失速することのない、パワフルなステージに会場は大熱狂。AMATSUKAの実力と存在感を強く記憶させたパフォーマンスとなりました。

最後に、残念ながら欠席となってしまった阿部乃みくちゃんが歌う予定だった「シティーハンター」の「GET WILD」を3人で。初の試みとなったアニソン祭りは大成功に終わりました。ぜひ第2回も開催して欲しいところです!

そして今回の楽屋訪問は、妃月るいちゃんに突撃。アナル作品に数多く出演している彼女のお気に入りのアダルトグッズとは!?

もちづき千代子
もちづき千代子
Twitter:@kyan__tama

AVメーカー広報、風俗情報サイト編集、アダルトグッズメーカー社員を経てフリーに転身。
性産業への己の愛を凝縮した卑猥なテキストを綴り続ける、哀愁の豊満熟女ライターである。