恋人がいないシングル男性のみなさんは、一人寂しい夜をどのように過ごしますか?
多くのシングル男性がポルノを鑑賞して寂しさを紛らわしているのではないでしょうか?
しかしポルノだとなんだか実感わかない、でも風俗にお金をつぎ込む程の金銭的余裕はないという人が多いことと思います。
そんな男性のみなさん、セックスドール、いわゆるダッチワイフを試してみてはいかがでしょうか?
イギリスでもセックスドールは注目を集めており、特に等身大のダッチワイフは実際に女性を抱いている気分になることができるため人気があります。
今回はイギリスで人気のセックスドールを紹介していきます!

ひざまずいた姿がたまらない! エイリーン

最初にご紹介するのはエイリーンです。ひざまずいた姿がなんとも愛おしいエイリーンは大きなおっぱいとツンとした乳首が印象的で、もちろんヴァギナにペニスを挿入できるようになっています。
もちろんヴァギナの締め付け感も強く、一度使用したら病みつきとなること間違いありません。

幼さの残る表情がたまらない!アントニア

次にご紹介するのは幼さの残る表情が男性を魅了するアントニアです。
恥ずかしげに開いた両足の間にはエイリーン同様にペニスの挿入が可能なヴァギナがあり、まだ経験浅い女性とのセックスを楽しんでいる気分を味わうことができます。
また幼い表情とは対照的な大きなおっぱいは触り心地抜群です。

エロテッィクなランジェリーを着けてあげれば気分も盛り上がる!

上記でご紹介したエイリーンもアントニアもいわゆる真っ裸の状態です。
もちろんそのままでも楽しめますが、オススメはエロテッィクなランジェリーを着けてあげることです。
あらかじめランジェリーを着けておき、気分がもりあがってきたときにランジェリーを脱がせるところから始まれば、まさに恋人とセックスをしている気分を味わうことができます。
またセックストイやSMグッズをあわせて使ってみることもおすすめです。

セックスドールは、初期費用は他のセックストイに比べてかかるものの、その満足感を考えると値段もけして高くはないと言えるのではないでしょうか?
またこれらの商品は日本への発送も可能となっています。ぜひイギリスで人気のセックスドールを試してみませんか?

Kumi

ロンドンを拠点にフリーランスライター兼翻訳家として活動中。
日本在住の頃よりセックストイやポルノに興味を持ち、ロンドンに拠点を移してからはその興味が倍増。日々セックストイショップを訪問したり、関連のパーティやイベントに参加。
またイギリスならではのアダルトライフを調査したり、と日本では経験できない日々を満喫中。