GENMU POWER PISTON(ゲンム パワー ピストン)GENMU POWER PISTON(ゲンム パワー ピストン)

スイッチを押すたびに意表をつく緩急のついた刺激のラッシュ!
12種ものピストンパターンと3種のヒダで快楽の波に飲まれること必至!!

スイッチを入れると中にある円筒状の部品がモーターによって上下に50mm動き、そしてその中に入れた筒状で内側に3種の突起がついた、肉厚&とろ~んと柔らかなゴム状スキンにイチモツを入れ、ピストン運動とともに快感が得られるというコチラのグッズ。

特筆すべきは2点。一つはスイッチ押すだけで12種ものピストン運動が愉しめるということ。早かったり、遅かったり、ときには止まってみたりを組み合わせた、多様な動きのバリエーションで自分の手を動かさなくてもイチモツが刺激される。もう一つはねっとり優しく包み込んでくれるゴム状スキンの感触の良いこと!
付属の専用ローションをこのスキンの内側全体に塗って、ワタシのイチモツを入れただけで、もう気持ちヨシ! しかもイソギンチャク状、ボタン状、縞状の3種の突起が付いていて、それらがスイッチとともに切り替わる緩急のついたピストンとともに着いたり離れたりを繰り返すんだからタマらん。初の実体験ではまだどんな動きをするのか分からなかったのと、精液も堪っていたせいもあり思いがけず1分もせずに発射! ONして2~3回ピストンの切り替えスイッチを押しただけであまりの良さに「まだ早いよ~」と心のなかで叫びながらの絶頂となってしまいました。

しかし、数時間後、このスキンの心地良さが思い返され、ムラムラとした闘志が沸き起こり、気持ちを新たに再チャレンジ。まずコチラを使うにあたって安定するスタイルを決めてみました。まずは机にはお気に入りのオカズ(ワタシの場合はノートパソコンでAV)を置いて、両手でコチラを持ちながら、左手でパワースイッチとピストンのモードを切り替えるスイッチ押すのが良いかと思います。再びローションをた~っぷりとスキンの内側に塗りたくってからAVを鑑賞しつつイチモツがカタくなったところで挿入。
「やっぱり入れただけで気持ちいい!」と思わず声が出てしまいました。そして左手でONを押し、ピストン切り替えスイッチをコマめに変えながら亀頭からサオにかけて3種の突起が早くなったり遅くなったりしながら着いたり離れたり擦れながらしているうちに、早くピストンしてしまうモードを選んでしまうとやっぱり即イキになってしまうので、そうしたらOFFで一旦止めてから落ち着いたらまたON。

そんなこんなを繰り返しながら、そろそろフィニッシュか~、ってところで早くピストンするモードにしてパソコンのなかのお気に入りの女優さんと一緒に正常位でイッたのでした。そしてそのあとはゆっくりピストンするモードで『お掃除フェラ』されているかのような気分をも味わえてしまいました。
使用後はスキンを取り出して丸洗いできるので、何回でも清潔に使えちゃいます。また、ピストン運動に必要な電源は携帯電話や
パソコンなどのUSBからの充電式で、約3時間の充電で約2時間使用可能。充電さえしてしまえばコードレスなので場所にとらわれず
気持ちよく愉しめます。

ただ、ひとつ気がかりなのはピストンする際に出るモーターの『駆動音』。ちょっと気になるかなぁ~、というところではあります。とはいえAVをイヤホンでも使いながら観ればそんなことは気にならないことです。それよりもこの絶妙に着かず離れずでイチモツを刺激するとろ~んとした弾力性があるスキンの突起の心地よさ、電動による多様なピストン運動が行われることによる『女性とセックスしていて腰を動かされている』という状況の妄想のしやすやからくる快感の波を愉しんでみて欲しいです!

GENMU POWER PISTON(ゲンム パワー ピストン)
GENMU POWER PISTON(ゲンム パワー ピストン)
参考価格:オープン価格
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
3 4 4 5 4