はじめまして。ウタマーロです。
男と女の究極のコミュニケーション、それがセックスです。
どこでも誰とでもやってしまうのは考えものですが、パートナーとのセックスは、より愛を深めることにもつながります。
そんな素晴らしいセックスなのに、マンネリやひとりよがりになってしまってはせっかくの時間が台無し。
どうせならお互いに気持ちよくなりたいし、相手を気持ちよくさせてあげたいですよね。

ウエットなエロさでは世界一(と個人的に思う)日本では、江戸の昔から四十八手なるものが存在します。
ご存じの方も多いことでしょう。そうです、性行為の体位の種類を表したものです。
体位といっても挿入がすべてではなく、さまざまな「愛のカタチ」がそこにはあります。
ここではそんな四十八手を、ランダムに取り上げて紹介していきたいと思います。

今回は初回なので、ライト(?)なコチラの体位。

襷掛け -たすきがけ-

SKT(性交体位)48 「襷掛(たすきがけ)」

仰向けの女性の上に男性が覆いかぶさる、いわゆる正上位をアレンジした体位です。
男性の上半身は低く、女性との距離が近いです。女性が腕と足で男性にしがみつくような形なので、男性は「愛されてる感」を感じることができるのではないでしょうか。
顔と顔も近いので、感極まったときも接吻し放題です。
最近では「だいしゅきホールド」とも呼ばれていますね。女性が下半身をがっちりホールドした状態での射精……気持ちよさそうです。
※望まない妊娠や性病を予防するため、コンドームを装着しましょう。

p_utamaro
ウタマーロ

都会の片隅のOL兼サブカル系ライター。
昔の大衆文化や風俗が好き。特に昭和前半の風俗や大衆誌、エロ小説等をこよなく愛する。