【アダルトグッズレビュー】アナパッカーン ハード
アナパッカーン ハード

アナルへの興味・欲求が尽きることない上級者にうってつけ!
素材の硬さが病みつき!? 刺激の頂上を目指すなら即ゲット!!

自分のアナルを道具で刺激しながらの自慰行為は興味があったものの今まで敷居の高さを感じておりました。
ちなみに知り合いのスカトロやAF作品を撮るAV監督は『俺はマ○コよりアナルが好きなんだよ』との言葉に惹かれるところもあり、アナルの愉しみに傾倒されている方々への関心がありました。

今回、紹介する「アナパッカーン ハード」はまさにそんなアナルで愉しむ上級者向けの逸品でございます。
前作「アナパッカーン」同様、パッカーンと開いたプラグを閉じてそのままアナルに挿入、プラグが開こうとするので肛門の奥が圧迫され、腸壁を拡張しながら刺激できるというもの。「アナパッカーン ハード」はさらに素材の硬度が増し、ハードな仕上がりで強烈な刺激を得られるものとなっております。

実際、触ってみるとナカナカの硬さで、プラグを閉じる際の握力もソコソコ必要です。そして閉じた状態で最大径が55mmと見た目からしても初心者の私には悶絶必至サイズ。どうなることか不安と新たな快感への期待が入り混じる気持ちのまま、自宅のユニットバスの浴槽のヘリに置いて試してみます。ローションを塗って入れやすくしてからマイ・アナルにいざ挿入! ……とはいえ、案の定、素材が硬くて先っぽぐらいしか入りません。ですがそれでも肛門と前立腺のあたりも刺激され、私のイチモツは勃起MAX! 慣れないながらもアナル刺激オナニーの愉しさの入口に立てたような気がしました。アナル拡張に慣れた上級者なら、かつてない圧迫刺激の快感を堪能できるはず!

【アダルトグッズレビュー】アナパッカーン ハード
アナパッカーン ハード
メーカー:A-ONE(エーワン)
参考価格:2,138円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
3 4 4 4 4
広岡亜郷
広岡亜郷

エロ本編集やAV制作などで生計を立て続けて約20年。
しかしながら40歳を過ぎたころから『この先も若い女優さんたちと仕事ができるだろうか?』という疑問が頭をよぎることが増えるとともに仕事も激減、風俗へ行くこともできなくなり今ではアダルトグッズの虜。素晴らしいグッズが溢れながら年齢なのか1日3回自慰できなくなったことが唯一の悩み。