簡単そうで実は難しいアダルトグッズの活用術を、AV男優さんにレクチャーしていただく人気コーナー。電マ編、バイブ編に続く第3弾のテーマは「ローター」です。シンプルな構造と低価格ゆえに、アダルトグッズ初心者に最も人気があるグッズですが、シンプルゆえに活用術は無限大。ちょっとしたコツと応用テクでさらなる快感と興奮を楽しむことができるのです。

講師は、AV男優歴30年を誇る大ベテラン・小沢とおるさん。本格ドラマ系AVメーカー・FAプロの看板男優としてデビューを遂げ、人妻・熟女は勿論、若手トップ女優のお相手も務めている現役バリバリの人気男優さんです。

【AV男優が教えるアダルトグッズ(秘)取扱説明書】ローター編 講師・小沢とおる(1)

今回から始まるローター編では、AVなどでもよく使われているピンクローターではなく、最新型のローターを教材としてレクチャーしていただきます。初回では、セックスでイケない女性にローターを使って絶頂に導く方法や、女性から男性使うコツを教えていただきますよ!

ということで、今回も進行は編集部代表(女)でお届けします。

今回の(秘)トリセツグッズ VOL.9 「VIBRAL POINT(ビブラル・ポイント)」

ローター最強クラスの振動、「激」モード搭載で大ヒットの「VIBRAL(ビブラル)」から、振動を1点に集中させる「VIBRAL POINT(ビブラル・ポイント)」が登場。 先端がドーム型のヘッドになっていて、突起を包み込むように刺激。 特徴は、ロンググリップ。根元が細いグリップになっているので手に持っていてもシビレにくく、より長く楽しめます。2つのローターがついているので二点ポイント責めができ、プレイの幅が広がります。

VIBRAL POINT(ビブラル・ポイント)
メーカー:A-ONE(エーワン)
参考価格:3,024円

Q1. 僕はクンニが苦手。舌が短いせいですぐに痛くなってしまうのでローターを使って前戯をしているのですが、いつも指先が痺れてしまいます。そこで、ふと心配になったのですが、指がこんなに痺れるものを女性の繊細な部分に充てて悪影響はないんですか?

【AV男優が教えるアダルトグッズ(秘)取扱説明書】ローター編 講師・小沢とおる(1)

――20代の男性からの質問です。たしかに、ローターって、慣れないと手がしびれますよね~。その点、このローター。この根元が細くなっていて持ちやすいし、指の痺れが軽減されますよね。手がしびれると集中力もなくなってくるので困るんですよ~。

小沢とおる:はいはいはいはいはいはいはい(笑)

――あはは、「はい」が凄い多い(笑)。小沢さんもそうなんですね。私も質問者さんと同じで、最初は、こんな激しい振動をクリにあてて平気なのかと心配になったことがありましたね~。

小沢とおる:う~ん。たしかにピンポイントで大事な部分に充てるのは怖いという女の子もいますね。オモチャじゃないとイケなくなるのが怖いって言ってます。実際に、こういう振動がないとイケなくなったという女優さんも昔はいましたね。一時期、かなり増えたんですよ。まだ、使い慣れていなかったせいかもしれません。今では、そこまで聞かないですから。

――実際、長い時間、同じ場所にあてているのは良くないんですか?

小沢とおる:よくないです。麻痺してきますよ。でも、限度を超えて使えばの話ですよ。なんでも、ヤリすぎはよくない。

――使用時間の目安というのはありますか?

小沢とおる:それは個人差があるので何とも言えないんですけど、ローターというのは軽く楽しむ程度のほどほどにしておいて、永遠にエクスタシーを感じるものにしちゃいけなのかなって思います。勿論、使うなとは言いませんけど、限度を超えて使いつづけていると不感症になりがちではありますね。ローターに限らず、振動系のオモチャは全てです。

――毎日、同じところに充て続けるのは良くないと?

小沢とおる:それはそうですよ。人間の動きとは全く違いますからね。舌も指もこんなに高速で動かないでしょ? これに慣れてしまうと人間で感じにくくなってしまうとは言えると思います。でも、ピンポイントに押し当てず、強さを調整しながら全体を使ってまんべんなくあてるというやり方だと、安心して使えます。

――あくまでほどほどに。そして長時間同じ場所にあてず、場所をずらして使うなどの注意は必要ということですね。

小沢とおる:そうですね。俺は撮影では使うけれど、オモチャであんまり気持ちよさそうにしてる子をみると、この後、俺のモノで満足してくれるのかどうか、ちょっと心配になることもありますよね……あはは。でも、お仕置きプレイじゃないですけど、そういう漫画みたいな使い方っていうのは、人によってはいいのかもしれません。

Q2. 女性はオモチャを使えば何度でもイケるんですか? 実は、私の妻は私とのセックスで「イク」といったことが一度もないので、ローターで一度イカせれば、私とのセックスでもイケるようになるのではないかと思っているんです。

【AV男優が教えるアダルトグッズ(秘)取扱説明書】ローター編 講師・小沢とおる(1)

――AVでは、オモチャ責めシーンは定番ですよね。その際、一度絶頂に達した女性に連続して責めることも多いのですが、ああいった使い方は一般の方でも真似していいものでしょうか?

小沢とおる:あれはねぇ、人によるね。男なんかは一回イクとくすぐったくなって連続ではイケない人が多いんだけど、女性もそういうタイプがいるからね~。

――私は一度イッたらくすぐったくて、2度目は間を開けて貰わないとムリですね。もし、男性にAVみたいに連続でやられたら本気で怒ると思います。やられた経験はないですけどね。

小沢とおる:あはは……でも中には「一度イッた後はどんどん良くなって、2度目はもっと気持ちよくなれる」なんて言う人もいるみたいだけどね。これは本当に人それぞれだから、女性に聞かないとダメだね。もしくは、女性の反応をちゃんと見て判断してあげないと、トラウマになってしまうからね。

――いくらローターであってもAVの真似はいけませんね!

小沢とおる:そう。最近の若い子ってAVでやってることが、当たり前だと思ってるみたいだね。顔射がマストって言ってるでしょ? 聞いたときには「はぁ? 顔射がマストって何なの?」って思いましたからね。まぁ、これに関しては俺たちが悪いのかもしれないけど……。

――さて、女性の中にはイッたことがないというお悩みを持っている方がいますが、ローターを使ってイク感覚を知れば、その後、セックスでもイキやすくなりますか?

小沢とおる:それは、難しいでしょうね。女性にはクリ派と中派っているじゃないですか。ローターでイケるのはクリ派なんですよ。だからクリではイケるけど、セックスで挿入してすぐにイケるかと言ったらムリなんです。セックスでイかせてあげたかったら、男の方が挿入のときに深く入れてクリトリスまで擦るようにしてあげないとダメ。クリトリスを刺激しながら、オチ●チンを中に入れておくというやり方です。だから、挿入が浅いとイケません。

――それはかなり上級のセックステクニックが必要ですね。クリ派の女性をイカせるためのアイテムとして、セックスに上手に取り入れるためにはどうすればいいでしょうか?

小沢とおる:それはね、ローターをチンチンの根元に装着するためのラバーを使うといいと思います。挿入するとちょうどクリトリスにあたるんですよ。そうすると、男はいつもようにストロークを楽しんで、女性にはクリを刺激してあげられるという。

――小さいローターをコンドームの中に入れておくという使い方はどうでしょう?

小沢とおる:ん~、どうなのかなぁ。それでもいいかもしれないけど、男がくすぐったくて集中できないんじゃないかな。気が散ってしょうがないよ。それよりも、これは小さいので中にすっぽり入ると思うから入れちゃって、男は普通にストロークをするというヤリ方もあるね。イケないかもしれないけど、子宮がこねくりまわされるから気持ちいいんですよ。

――あの~、ローターって膣の中に入れてもいいですか?

小沢とおる:勿論。そのために長いコートがついているんだから。ローターを膣の中に入れて、オチ●チンを入れると萎えてしまうって人の場合は、代わりにバイブを入れて先端でこねくりまわすとか。激しい出し入れは慣れないと危ないので、先端がくるくる回るタイプを使えばいいですよ。自動でかき回してくれるから、安全に合わせ技をつかえます。

――かなりの上級ローターテクですね。

小沢とおる:そうかもしれないけど、やってみれば簡単だから。でも、この時に注意してほしいのは、ローターを(膣の)中に入れるときには清潔なものを使うこと。一番いいのは、コンドームの中にポコッと入れてしまえばいいんです。万が一、コードが切れてしまった場合も、コンドームごと引き出せばいいから安全なんです。

Q3. ローターを使って、彼氏を責めてみたいんですけど、責めてはいけない危険な箇所はありますか? いじめるのが目的ではなく、気持ちよくしてあげたいんです!

【AV男優が教えるアダルトグッズ(秘)取扱説明書】ローター編 講師・小沢とおる(1)

――そうそう、この「ビブラル・ポイント」は、先端が凹んでいるので、クリにフィットする形なんですよ~。

小沢とおる:本当だ、凹んでるね。けっこう柔らかいから、ローターの振動が痛いっていう人にもいいね。平面になってる分、振動が優しから痛みも感じにくいんじゃないかな。

――そして、2つ付いているので男性でも使えるのがウリなんですよ。乳首に充てるといいんですって。だから、男性でも遊べちゃうローターなんです! 乳首にペタッとくっつけてね(笑)。

小沢とおる:へぇ~、面白いね。なるほどね~。男が自分で使ってもいいんですね。

――最近では、女性が男性をアダルトグッズで責めたいっていう話は結構耳にしますね。男性をローターで責めてはいけない箇所というのはありますか? 私もパートナーに嫌われたくないので知っておきたいです!

小沢とおる:ないない! 男の体はどこ責めても大丈夫。そもそも、こうやって売られているものは危険なものなんて基本的にはないんですよ。ただ、使い方を間違えれば不感症になるから注意してねって話で。

――男性でも乳首をブルブルさせて、気持ちいいんですか?

小沢とおる:そりゃ、気持ちいいですよ。それに、気持ちいいことしたいという貪欲さは男性も女性も同じだし、感じるところだって同じ。女性も遠慮しないで、こういうものを使って楽しんだ方がいいですよ!

――では、遠慮しなくていいんですね?

小沢とおる:あははは……いい、いい。いきなり責めるのは抵抗あるって女性は、男が使ってる途中で「私にもやらせてよ~」って交代しちゃえばいいんです。こういうものは、楽しむためにあるんだから、男が使うもの、女が使うものなんてのはないです。大事なのは、話し合うこと。男だって、人によって触られたらイヤな部分もあるかもしれないので、そこは聞きながらやらないと。むしろ、男が知らない気持ちいい部分を探してあげるのもいいと思いますよ。

さて、次回も変わったタイプのローターをご紹介しつつ、基本的な注意事項からプロならではの技まで幅広くレクチャーをしていただきます。お楽しみに!
(取材・写真・文=文月みほ)

小沢とおる
小沢とおる

1961年1月25日生まれ。身長178cm、体重86kg。男優歴30年。初出演はFAプロ第一作。出演作4,000本以上。趣味:船釣。得意技:接吻。
AV界きっての演技派として知られ、コアな熟年男性ファンから若い女性ファンまで、幅広い層の男女から慕われている超大御所男優。