ひとりでできるもん -オトコのコのためのアナニー入門-

日本におけるアナルセックスは同性愛の文化と密接な関わりがある。ちなみに、男色についての日本最古の記述は『日本書紀』の「阿豆那比之罪(あずなひの罪)」という言葉。また、『続日本記』にも皇族の道祖王が天皇の喪中に稚児と戯れていたと記されている。日本でもはるか昔からアナルセックスというものが存在していたのだ。

また、男色が日本に伝わったのは仏教伝来と同時期と言われている。仏教では女性と交わることを「女犯」として禁じていたことから、僧侶たちは稚児で性欲を解消していた。俗に言う「衆道」と呼ばれるもので、この衆道の元祖は弘法大師(空海)といわれている。

その後、戦国時代になっても衆道は常識として捉えられていた。戦国大名は小姓という近従を抱えていたが、その小姓を性愛の対象とする者も多かったという。というか、男色という性癖はデフォルトであり、女性にしか興味のなかった豊臣秀吉は変態と思われていたという説もあるからおもしろい。

その後、江戸時代に入っても、男娼と遊べる陰間茶屋が流行するなど、男色人気は衰えない。井原西鶴や平賀源内などが男色関係の本を発刊したり、「痛和散」という潤滑油も販売されていたという。また、この時代には女性とのアナルセックスも行われている。というか、陰間茶屋での男色が流行しすぎて、遊女たちにもアナルでの性行を求める客が増えたのだとか。ちなみに、明治維新後に日本を訪れた西洋人たちが日本でアナルファックの楽しさに触れて虜になったりもしたらしい。

その後に西洋文化が流入するにつれて禁忌感が定着。アナル=マニアックというレッテルが貼られていくことになる。しかし、現代はセックスだけではなく、オナニーのためのアナルグッズまで登場して、新たな性感帯として知られるようになった。古今東西の男性を引きつけたアナルの魅力だけに、一度は試してみたくなる?