ブルーボーイズ

これは全く新しいアプローチのアイテム!

ぱっと見、オシャレなPC機器にしか見えないプラパッケージと濃いブルーとミニマルデザインのマニュアル。
まずはこれがどんな仕事をしてくれるのか、あまりイメージがわかなかった。
パッケージを空けて準備をしてみると、なるほどベースは普通のローター。
それを別の方向で活用するというコンセプトらしい。
装着する部分は硬めのシリコン素材で面積も狭く、先端部分に特化した刺激ということだが、実際体感してみないとどうも想像がつかない。

まず装着部をグイっと広げて装着。硬めのシリコンなので圧迫感がある、一度装着すれば動かしたり外したりしないと思うが、最初はローションを使って装着する方がいい。
その後半信半疑でスイッチON。ダイヤル型スイッチになっているので、振動レベルを調整できる。

最初は「んー?」という感想の刺激だったが、慣れてくると確かに気持ち良い。
そのまま振動レベル調整していると、振動が気持ちよさに転換され、これはいい物だ! と思えてきた。
何よりも自分が働く必要がないのがいい。

またローションでベタンベタになるので風呂場で使わないといけないという制限もない。
それこをPCデスクに向かってお気に入り動画を見ながら落ち着いて楽しめる。これがいい。
そうしているうちに先端が振動でマヒして気持ちよさだけになり、想像以上の速さでフィニッシュ。後始末も非常に簡単。
シリコン部分は簡単に取り外せて洗えるし、何よりもボディがコンパクトなので取り回し良く、収納も簡単。持ち運びも簡単。
見た目のいやらしさはないが、実用性で今まで試したアイテムでNo.1かもしれない。

パートナーがいればローターとしても使えるし、なんという優れもの、という感想を受けた。
これは長くお付き合いできそうだ。

ブルーボーイズ
メーカー:A-ONE(エーワン)
参考価格:2,160円
パッケージ 中身 コスパ 素材 総合
4 5 5 4 5