新プロジェクト発動! 完全自社開発の新作で世界戦略を狙う、K.M.Produce

AVメーカーとして圧倒的な知名度を誇る、K.M.Produce(ケイ・エム・プロデュース)。アダルトグッズ業界への進出から早5年。名盤タイトルを冠した「鬼イカセ」シリーズや、KMPならではの女優オナホールなど、そのプロデュース力を如何なく発揮したグッズの数々には定評があった。
そして、ついに2016年7月。完全自社開発の新作オナホール「YUIRA」を発表。『極楽』の意味を持つ本作への意気込みを、Kmpアダルトグッズプロデューサー・門垣直人氏より聞かせてもらった。

新プロジェクト発動! 完全自社開発の新作で世界戦略を狙う、K.M.Produce
YUIRA(左からNaturalTightSuper Tight

Kmpアダルトグッズプロデューサー・門垣直人氏(以下、門垣):近年ますます増加の一途にあるAVメーカー発信のアダルトグッズですが、弊社では比較的早めの5年前から部門をスタートしています。お陰様で人気タイトルも増えてきましたが、グッズ開発のベースに「AVメーカー」が存在することは否めませんでした。今回の「YUIRA」は、弊社初の完全自社開発のオリジナル商品です。他社とは違うアプローチを、と熟考した末に完成しました。

今までのK.M.Produce(ケイ・エム・プロデュース)のイメージを180度くつがえすかのようなデザイン、”何度でも使える“再利用型、初心者からマニアまでを網羅した3パターンの内部構造展開。確かに販促への力の入れ方を含め、K.M.Produce(ケイ・エム・プロデュース)の「YUIRA」に懸ける思いは相当なものだ。

新プロジェクト発動! 完全自社開発の新作で世界戦略を狙う、K.M.Produce

門垣:弊社でのグッズ利益の伸び率は5年連続で上がっています。弊社が今まで得意としてきた女優ありきのグッズもユーザーに受け入れられていた証拠だと思います。ただ、正直なところ、女優モノのグッズは作るのが簡単なんです。しかし、それだけは既存のグッズメーカーと真っ向勝負することができない。2016年は、そこを敢えての勝負に出ました!

まさに、社を挙げての一大プロジェクトといえる「YUIRA」。ここまでの自信を持って発売するからには、機能にもオリジナリティのある強いこだわりがあるに違いない。門垣氏に「YUIRA」の特長を詳しく説明してもらった。

新プロジェクト発動! 完全自社開発の新作で世界戦略を狙う、K.M.Produce

門垣:今回最もこだわったのは『吸引力』。この吸い付きの強度は、ホールのてっぺんにある穴・バキュームホールと吸盤ポット・ヘブンリーサッカーの開発によって可能となりました。初心者向けのNaturalですらかなりのものなのですが、Super Tightに至っては意を決して挑まないと痛い目みるかもしれませんよ(笑)。それくらいの超刺激です。

実際にSuper Tightに指を入れて試させてもらった。するとどうしたことか、指にオナホが吸い付いたまま離れない! この吸引力、ダイ●ンにも匹敵するやもしれない。最後の一滴まで搾り取られるような吸い付き、マニアには堪らないだろう。

新プロジェクト発動! 完全自社開発の新作で世界戦略を狙う、K.M.Produce

門垣:容器にも一つ大きな特長をつけました。容器を柔らかい素材で作ることで、刺激が容易に伝わるようにしたのです。これによって生まれたのが、人間の握力に匹敵するほどの『直接刺激』。内部にも突起を仕込んであるので、手でのダイレクト行為を遥かに凌駕した快感をお約束できますよ。むしろ「右手が恋人」を自称してる方にこそ使って欲しいですね(笑)。

容器の柔らかさについては、女性でも簡単に扱えるほど。カップホールならではの重さもさほど気にならない。

新プロジェクト発動! 完全自社開発の新作で世界戦略を狙う、K.M.Produce

門垣:また、これまでカップ型オナホールのアンチ・ユーザーの意見は「とにかく外れやすいのが嫌」に一貫していました。構造上、手首のスナップ運動の激しさに耐えられなくなっちゃうんですよね。これを「YUIRA」では絶対に解消しようと決めていたんです。そこで開発したのがホールに埋め込まれた内蔵リング。これが容器にスポっとはまるのでなかなか外れません。「右手が恋人」の方々からもお墨つきです(笑)。

既存のカップ型オナホールの弱点を潰し、アンチ・オナホールユーザーすら取り込むことを視野に入れた「YUIRA」。その視点の先は、既に日本国内に留まってはいないように思えた。

今回の「YUIRA」発売と共に、K.M.Produce(ケイ・エム・プロデュース)が目論んでいるのはズバリ『世界戦略』。すでに中国を中心とした海外へのアプローチも仕掛け始めているという。

門垣:4月に行われた「上海国際成人展」にも、ミリオンガールズZを連れて行ってきました。地元メディアにも取り上げられたりして、反応は上々でしたね。その時、私もプロデューサー的立ち位置で一緒に出演しました。これも色んな意味で、社内外から反響がありましたね(笑)。まあ、このグッズ部門を背負っているからには、メディア顔出し上等の覚悟はありますから(笑)。

5年前にアダルトグッズ事業を開始した当初は、実はたった一人で動いていたという門垣氏。それだけに、自らの手で育て上げた部門であることの自負は大きい。この「YUIRA」プロジェクトも、門垣氏の並々ならぬ情熱が成し遂げたといっても過言ではないだろう。

門垣:今後の「YUIRA」はアダルトより先の、カルチャーへと昇華させたいと考えています。そのためにAVのKMPとは切り離した販促展開も思案中です。今後も、既存のグッズとは一線を画した自社開発のオリジナル商品を開発し続けていきます。ぜひ2016年のK.M.Produce(ケイ・エム・プロデュース)、ご期待ください!(笑)
(取材・写真・文=もちづき千代子)

YIR001
YUIRA Natural -ユイラ ナチュラル-
参考価格:1,096円
YIR002
YUIRA Tight -ユイラ タイト-
参考価格:1,096円
YIR003
YUIRA Super Tight -ユイラ スーパータイト-
参考価格:1,096円
k.m.produce(ケイ・エム・プロデュース) 門脇直人
k.m.produce(ケイ・エム・プロデュース) 門垣直人

アダルトDVDの決定版として、業界に長く君臨し続けているAVトップメーカー。
2011年よりアダルトグッズ業界に参入し、「鬼フェラ」「鬼イカセ」など人気AVタイトルのグッズ化や女優オナホールで好評を博していたが、2016年7月よりオリジナル開発オナホール「YUIRA」が発売開始。Kmpアダルトグッズプロデューサー・門垣氏の辣腕による新たな展開が期待される。