ワンフェス2016年夏トイズハートブースレポート

2016年夏のワンフェスが7月24日、幕張メッセで行われた。今回は成人ブースで出展していたトイズハートブースをレポートする。

まずワンフェスにおけるトイズハートの看板娘といえばかさいあみさんだ。前回は居なくてブースが少し寂しかったが、今回は彼女が居たし、かさいあみバージョンの限定オナホも発売されていて活気ある感じだった。トイズハートはワンフェスの際、既存の型に市販では使われていない素材を使用した限定オナホを持ってくる。市場には流れない製品なので楽しみのファンも多いはずだ。

今回はバリエーションも増えた超ロングセラー、トイズハートの代表作とも言える「セブンティーン」のプロトタイプの復刻が用意されていた。中身は同じだが、パッケージはセブンティーン・オリジナルのイラストのものと、かさいあみバージョンの2種が用意されていた。かさいあみバージョン登場の頃は対アニメでかさいあみ辛勝という感じだったが、今日14時現在では、かさいあみ圧勝だった様だ。

ワンフェス2016年夏トイズハートブースレポート

ワンフェス2016年夏トイズハートブースレポート

参加3年以上のトイズハートの展示品は特に肩の張った感じではなく、比較的新作で造形的なものを持ってきた感じだった。オナホを実際触って貰える様にサンプルなども用意されていた。通りすがりに触っていく人の中には外国人の姿も。また女性用グッズもサンプルが置いてあり実際感触を確かめることができた。

ワンフェス2016年夏トイズハートブースレポート

またイベントならではの催しとして、くじ引きがあった。1回1000円でトイズハートのオナホが当たるというもの。A賞の「セブンティーン ボルドー ハード」はこれまたここだけの限定、市販されていないものだ。上位が当たればかなり得した気分になるし、末等でもこんな感じだろうの良心的なくじだ。

石の上に三年とか継続は力なりという言葉もあるが、今回も取材中に常連さんが来て、かさいあみさんと言葉を交わしているのを耳にしたが、ワンフェスの限定オナホ、売り子かさいあみはファンの間に定着しつつある様だ。