色が変われば刺激的!? 男の願望叶える白濁ローション
100発分!!ぶっかけザーメンローション

人は見た目が9割」なんてベストセラーもあるように、プレイ中の見た目が変わればエロさもグッと変わるはず。コスプレにチャレンジしたりプレイ環境を変えたりするのもいいけど、ちょっと試してみたいのが白濁ローションだ。

セックスで使われるローションといえば、プレイを潤滑にする目的が強く、無色透明のものがポピュラーだ。しかし近年は白色のローションが展開されるようになり、一部でにわかに人気を集めている。使い道は、透明のローションともちろん一緒。そのため粘り気も色も肌触りも、まさに男性が出す”アレ”にそっくりなのだ。

実際にプレイ中に使ってみると、大量の白濁液がお相手の体いっぱいにかかるため、見た目の迫力はバツグン。まるでAVの”ぶっかけ”作品の世界に入り込んでしまったような感覚が楽しめる。アダルト通販サイトなどでも「恋人とのセックスのマンネリ化を解消するのに役立つ」「興奮する」などと評判だ。

透明のローション同様、粘り気のあるものが多いが、お湯と混ぜれば調整することが可能。割合は、おおよそローション1:お湯2(あるいは3)くらいが良いと言われる。お湯を入れて色が薄まるということはあまりない(商品差あり)。

この白濁ローションは各種メーカーから展開されており、価格は200mlで1000円前後から。なかには「精液100発分に相当する量」という、必要なのか分からぬ解説付きのローションもある(いや、人によってはそれが興奮材料になるのだろうか)。臭いや色はそれぞれ異なるので、事前に説明やユーザーレビューをよく確認してから購入を。

100発分!!ぶっかけザーメンローション
メーカー:RENDS(レンズ)
参考価格:1,944円
青木タロウ
青木タロウ

フリーのライター小僧。10年来の御用達サイトはDMM.R18。三度のメシとカメラと同じくらいエロも好き。