【アダルトショップ探訪記】大人のデパート エムズ 秋葉原店(1)

アダルトライター文月みほが、気になるアダルトショップを探訪し、アダルトグッズ初心者代表としていろんな話を店員さんに質問する公私混同企画です。第4弾は、私が一番お世話になっているショップ、東京・秋葉原にある、大人のデパート エムズさんを探訪してまいりました。

創業から16年、国内に10店舗を展開する国内最大のアダルトショップである、エムズさん。ありとあらゆるアダルトグッズを販売している他、有名AV女優のイベントを毎週開催していることでも有名ですよね。私も、AV女優さんのイベント取材のために、秋葉原店には数え切れないほど通わせていただきましたが、女一人でも違和感なく入れちゃうカジュアルなお店なので、入店時にソワソワすることもなく、本当にいろいろ助けられました! 

さて、今回は秋葉原駅電気街口から徒歩1分の場所にある秋葉原店にお邪魔して、店長の新保さんと広報の八十島さんに、お店の特徴から知られざる深~いこだわりまでじっくり聞いてきましたよ!!

大人のデパート エムズ 秋葉原店
Twitter:@poplifems

住所:東京都千代田区外神田1-15-13 太平堂ビルB1-6F
※JR秋葉原駅・電気街口より徒歩1分
電話:03-3252-6166
営業時間:10:00~23:00(年中無休)

【アダルトショップ探訪記】大人のデパート エムズ 秋葉原店(1)

文月みほ(以下、文月):いつ来ても綺麗で素敵なお店ですよね。初めて来たのは何年前だったか忘れてしまったほど昔なのですが、アダルトショップの概念をコロリと覆されたといいますか、オシャレすぎてドキドキしたんですよね。アダルトグッズをここまでオシャレに陳列するとは、なんて都会的なお店なんだ~って。

新保店長(以下、新保):本当ですか?(笑)

文月:はい。AV女優さんのイベント取材を始めたばかりだったので、とにかく不安で仕方なかったんですよ。私みたいな女が、アダルトショップに一人で入り込んでいいものなのかどうかって。悩んだ挙句に、だっさい格好で行けば誰の目にも触れないはず……と思ってこちらのお店にカメラを担いで来てみれば、ガラス張りのオシャレなビルだったので「やっちまった……」と恥ずかしくなってしまって。今では懐かしい思い出ですよ~。

新保:そうでしたか~(笑)。エムズは、男性、カップルは勿論、女性が一人でも入りやすいお店というのがコンセプトなんですよ。だから、アダルトショップではあるんですけど「pop life department」と銘打っているんです。とにかく入りやすいことが大事だと思っているので。

文月:それなんですよ! 個人的には、アダルトショップならではのアンダーグウンドな雰囲気も好きなんですけど、大分、敷居が高くなってしまいますものね。

新保:はい。それに秋葉原も大分、様変わりしまして、マニアの街から若者の街へ、最近では観光地にもなっていますので、そういう土地柄もあって明るいお店作りにはこだわっているんです。

文月:海外の方も多いですよね~。今、店内で中国人の若い男の子たちを見かけたのですが、なんだかアイドルショップでショッピングでもしてるような感覚で楽しそうでしたよ~。

新保:若い方や海外の方は本当に多いですね。だから、階段やエレベーターなど目につきやすい場所には、あからさまにアダルトショップだと分かるような過激なポスターは貼らない様にしているんです。

文月:なるほど~。言われてみたらそうですね。AV女優さんのポスターはありますけど、一見するとアイドルみたいなカワイイ写真ばかりですものね。

広報担当・八十島氏(以下、八十島):ドン・キホーテなどの量販店と間違えて入ってくる方もいますね。

文月:たしかに、それくらいカジュアルな雰囲気ですものね。

新保:でも、一歩入ったらAVやアダルトグッズが並んでいて、そのギャップがいいな~って自分では気に入ってるんです。元々、この店内の雰囲気が好きで、ここに入社したくらいですから!

文月:新保店長は、元々はお店のファンだったんですね! どおりでエムズ愛に満ちているわけですね。


コスプレは「ポップライフ」の入口