【アダルトショップ探訪記】大人のデパート エムズ 秋葉原店(2)

アダルトライター文月みほが、気になるアダルトショップを探訪し、アダルトグッズ初心者代表としていろんな話を店員さんに質問する公私混同企画です。今回も東京秋葉原の大人のデパートエムズさんの店内をレポートいたします。お話を伺うのは、前回に引き続き、新保店長と広報の八十島さんです。

大人のデパート エムズ 秋葉原店
Twitter:@poplifems

住所:東京都千代田区外神田1-15-13 太平堂ビルB1-6F
※JR秋葉原駅・電気街口より徒歩1分
電話:03-3252-6166
営業時間:10:00~23:00(年中無休)

【アダルトショップ探訪記】大人のデパート エムズ 秋葉原店(2)

文月みほ(以下、文月):では店内を詳しく見ていきましょう。1FはDVDですね。人気メーカーさんのAVが棚ごとに並んでいて見やすいですね。そして、なんといっても印象的なのは、らせん階段。可愛いポスターがたくさんあって秋葉原だなぁ~と実感しますね。あとコスプレのマネキンも秋葉原らしさを盛り上げていますね!

新保店長(以下、新保):ありがとうございます。やはり見ていて楽しい雰囲気を感じていただきたいですし、秋葉原ならではのアニメ系のジョークグッズもお土産として人気ですよ! このシマパンのパンチラの傘、いいでしょう!

文月:あはは、おもしろ~い。本当にワクワクする品揃えですが、こちらのお店の売れ筋商品はなんですか?

新保:やはりオナホールですね。商品がいろんなジャンルがあって、類似品もあって、一番選ぶ楽しみがあるのがホールだと思いますし、ホールは一人で楽しむものですから、自由に選べますし。

文月:オナホールの棚は華やかでいいですよね! 場所柄アニメパッケージも充実していますし、そうかと思うと渋いホールもいっぱいありますね。簡素なパッケージの商品はホール自体の人気が高くて根強いファンがたくさんいるんだろうなぁと想像できますね!

新保:そうなんですよ。一見、オーソドックスに見えるものほど、長期間売れている商品なんです。

文月:バイブも充実していますね。

新保:そうですね。国内から海外製まで幅広くそろえています。バイブも女性がオナニーで使っている方って結構いると思うんです。買いに来るときにはカップルが多いんですけど、お一人で選びたい方もいるんじゃないかなって。そこで、女性ももっとオープンになって貰えればいいのにな~と思って、陳列も見やすく明るくを心がけています。

広報担当・八十島氏(以下、八十島):女性は通販で買う方も多いと思いますが、お店でも手に取って確かめてもらいたいので!

文月:圧倒的に通販でしょうね。でも、本当は店舗に来て手触りやサイズを確かめてから買った方が失敗は劇的に減りますよね。私、最近になってやっといろんなバイブを使い始めたのですが、見た目は似ていても使ってみたら使用感が全然違う商品ってたくさんあると分かったんですね。

新保:そうなんですよね。だから、女性お一人でいらっしゃる方もいますけど、もっともっと増えてくれると嬉しいですね。


バイブは消耗品?