2016年8月27日に、今年2回目となるアダルトVRイベント「アダルトVRエキスポ」が開催された。6月に開催された第一回では、会場となった秋葉原のイベントスペースに、予想をはるかに上回る数の来場者が集まり、開始時間直前に開催の中止と延期を発表。満を持しての開催の運びとなりました。今回もトイズマガジン記者は、イベントの取材に成功。注目のブースをピックアップしてご紹介したいと思います。

進化し続ける「なないちゃんとあそぼ!」

「アダルトVRエキスポ」レポート
まず体験したのがVRCCCによるVRマシンを使ったアダルトゲーム「なないちゃんとあそぼ!」。まずVRゴーグルをかぶると、3Dで描かれた女の子・なないちゃんが視界に出現。これがエアドールと連動しており、様々な体位で疑似プレイを楽しむことができるのです。前回の「アダルトVRフェスタ」にも出展していましたが、この夏に早くも新作が発表されたとか。

「アダルトVRエキスポ」レポート
ラブドールにスマートフォンを固定し、搭載されたセンサーを使って腰の動きや速さを感知。それに合わせて画面の中の女の子が反応します。もちろん、体位を自由に変えることも可能。正常位はもちろん、後背位や騎乗位が体感できるのです。表情や音声、動きも非常に滑らかで驚かされました……これはすごい! しかし、VRマシンを外した後、目の前にいたはずのなないちゃんが消えてしまい、代わりに無機質なエアドールが現れる賢者タイムはちょっとした衝撃ではありますが(笑)。

正常位VR映像+エアドール

「アダルトVRエキスポ」レポート
VRGのブースでは、実写VR映像とエアドールとの相性の良さを力説していました。なんと今回はあまり存在していなかった正常位のVR映像を実現! 確かに今まで見てきたVR映像って男が責められるものが多いので、必然的に騎乗位の作品ばかりでしたよね。これは画期的かも!?

「アダルトVRエキスポ」レポート
しかし残念ながら、映像とエアドールはまだ連動しているわけではない模様。今のところ動きを合わせる場合は、エアドールの動きを映像に合わせる必要があるようです。これで快感を得られるか否かは本人のセンス次第かと……。今後の開発に期待をしたいと思います!

ホットパワーズならではのバーチャルリアリティー

「アダルトVRエキスポ」レポート
アダルトグッズメーカー・ホットパワーズのブースでは、様々なオリジナルアイテムを無料配布! あくまでも「ホットパワーズならではのバーチャルリアリティー」ということで、機械や映像とは全くかけ離れた独自路線すぎる展示が成されていました。

「アダルトVRエキスポ」レポート
萌えキャラの透明になった局部に手を入れると「自分好みのスジ」を生み出すことができる「スジあ! ファイル」や、牛乳を入れたコップに挟んで楽しむ「チチダスミルクカード」。そして、扇ぐと広報・みくらちゃんの脇の匂いが漂う「わきうちわ」など。唖然とさせられつつ、嫌いじゃないです。こういうノリ。

音声を振動に変換するデバイス「Onasis」

「アダルトVRエキスポ」レポート
続いては、nula株式会社のデバイス「Onasis」。オナホールの上に乗っかっている赤い物体がソレです。DVDプレーヤーやPCのイヤホンジャック部分に繋ぐと、映像の音声を振動に変換してくれるのだとか。

「アダルトVRエキスポ」レポート
AV女優の声や生活音が振動となって刺激してくるので、視聴の時の臨場感は格別! 
通常の動画でも十分楽しめますが、VR映像で使用すれば視覚+聴覚+触覚のコンボでの快感が襲う!? 
おそらく効果は絶大かと。

人外に勃起しなければ人類滅亡!?

「アダルトVRエキスポ」レポート
札幌で「下品で最低」というアダルト系展覧会を主催する、GEHISAI実行委員会のブース。ここでは「万物オカズ化計画」というゲームソフトが展示されていました。人外のどんなものにも反応しなければ人類滅亡というシビアな設定で、腰に梁型ベルトを装着して勃起させつつ敵を倒していくゲーム。えっと、これ実際にプレイした方っていらっしゃるのかしら……!?

ドローンで巨人たちのセックスを打ち砕け!

「アダルトVRエキスポ」レポート
こちらもゲーム展示。白濁プロジェクトによる「ザ・ドローン」です。巨人のおっさんと彼にフェラする巨女を、ドローンを使って攻撃するというもの。彼らにアタックしながら性器を破壊して点数を競うのだとか。バカバカしくはあるものの、VRマシンでCGを見ると意外と迫力があってハマってしまう……不思議な吸引力のあるゲームでした。今後は覗き系のゲームを作っていきたいという展望も聞かせていただけました。

ますますリアリティを増す「リアルボディ」

「アダルトVRエキスポ」レポート
そして、株式会社SSI JAPANでは、VR映像でのオナニーに最適という次世代トルソー型オナホール「リアルボディ」が展示されていました! 写真はなぜか机に座らされていたぽっちゃり型ですが、超ナイスバディなグラマラスタイプやスリム系もあります。現実の女性と大差ないくらいの重みがあるので、騎乗位のVR映像のお供に使うとリアリティ抜群かと。

「アダルトVRエキスポ」レポート
そして、PC連動型のオナホールマシン「CycloneX10」も展示されていました。実写作品だけでなくアニメ作品との連動多数! SSI JAPANでは双方向型の連動にも力を入れているので、痴女系ばっかりだったVR映像作品にも大きな変化が生まれることを期待!

美女の撮影をリアルタイムで……

「アダルトVRエキスポ」レポート
株式会社C&Jプロモーションでは、360°カメラ「Insta360」の3Dカメラを展示。これでグラビアアイドルの渋谷ゆりさんを撮影し、さらにその映像をVRマシンからリアルタイムで見ることができるのです!

「アダルトVRエキスポ」レポート
その映像は、まるで本当に目の前にいるかのような生々しさ。思わず手を伸ばして触ってしまいたくなります。女性の胸の谷間をじっと見つめ続けるなんて、面と向かっては早々できないことですが、このマシンさえあればオッパイはおろかパンティの食い込みや果ては毛穴まで凝視できるのでは!? でも見られる女性としては複雑かもしれませんね……。

ブースに人気AV女優が降臨!

「アダルトVRエキスポ」レポート
そして最後は配信サイト・HBOX.JP。最新のVR映像を楽しめるだけでなく、出演女優さんも来場していた。

「アダルトVRエキスポ」レポート
HBOX.JPイチオシのAV女優・小西まりえちゃん。ちょっと可愛すぎてこの子が未成年じゃないとか信じられません。さらに言えば、VRマシンの中では彼女があられもない姿で迫ってきていて、マシンを取れば目の前でニコニコ笑っているわけで……。このちょっとしたカタルシスに興奮しましたね。

前回に比べて出展ブースも大幅に増加。さらに前回の開催からほんの2ヶ月しか経ってないにも関わらず、新たな発想や機能向上が生まれている現状に驚きを隠せません。アダルトVRの飛躍により、今後アダルト業界自体がどの様に変化していくのか……興味深く見守っていきたいと思います。
(取材・写真・文=もちづき千代子)

アダルトVRエキスポ
アダルトVRエキスポ

「アダルトVRの魅力を伝える場」「アダルトVRクリエイター達の発表と交流の場」「日本のVR産業の成長と発展に寄与する場」として、VRという革新的な技術でセックスとオナニーの概念を変えていくことをポリシーとする日本アダルトVR推進機構によって主催されている。