【アダルトショップ探訪記】大人のデパート エムズ 秋葉原店(1)

男だけが行くお店、というイメージがやや見え隠れするアダルトショップ。たしかに店内は物々しいグッズが所狭しと飾られ、なんだかセクシーなランジェリーや衣装もある。さらにはアダルトDVDも満載で、時にはサンプル映像が店内に響き渡っている。
しかし、アダルトショップは決して女性の立ち入り禁止の場所ではない(一部ではフロアを女性の入室禁止するお店などもあり)。ただ女性向けのランジェリーショップのように、醸し出す雰囲気で入りづらいだけ。気分転換に、パートナー(18歳以上)をアダルトショップに連れて行くのもアリだ。

パートナーをアダルトショップへ連れて行くメリットは少なくない。一緒に実物のグッズを物色するから「外れプレゼント」の確率を減らすことができる。さりげなく新しいプレイに興味を持たせることができる。また意外と楽しい。非日常空間であるから、日頃のデートにマンネリを感じているカップルのカンフル剤となるだろう(色んな意味で)。

「でもやっぱり恥ずかしい」と言うなら、女性も出入りするカジュアルなお店がオススメ。入りやすいお店の一つは、有名ショップ「大人のデパート エムズ秋葉原店」だ。秋葉原駅(電気街口)から徒歩1分の場所に位置する同店舗は、外国人観光客も押し寄せる有名スポットなのだ。アジア系から欧米系まで様々な人種の男女が日本のアダルトショップに興味本位で立ち寄るので、女性でも気軽に足を踏み入れやすい。
エムズでは、コスプレを試着して撮影(店内展示用・目隠し可)すると割引を受けられる名物サービスもある。コスチュームなら2割引、ランジェリーなら3割引だ(※時期によって変更の可能性あり。要店舗確認を)。金銭的なメリットが享受できる。

それでも「専門店はちょっと……」という方にオススメは、某総合ディスカントストアのアダルトコーナーだ。「雑貨や家電の買物をしに来たついでに遊び半分で入っちゃいました」という気分で立ち寄れるのでハードルは低め。置いてあるアダルトグッズも、専門店に比べて比較的ライトなのが良い。

倦怠期のマンネリ感を払拭したい。グッズプレイにチャレンジしたい。パートナーとの関係にそうした新しい刺激がほしい方は、アダルトショップやアダルトコーナーへ連れて行ってみてはいかが?

青木タロウ
青木タロウ

フリーのライター小僧。10年来の御用達サイトはDMM.R18。三度のメシとカメラと同じくらいエロも好き。